WordPressプラグイン「AddQuicktag」でよく使うコードを瞬間入力!

 

ブログを書いてる時、よく使うコードを毎回書くのってすごい面倒よね。

 

 

そんな人はプラグイン「AddQuicktag」を使うのがおすすめ。
このプラグインなら、設定されてるコードやタグが一瞬で入力できるわ。

 

WordPressテーマに「ストーク」を使ってる人や、ショートコードやタグを多く使う人はぜひ導入したいプラグインね。

 

 

WordPressテーマ「ストーク」導入。デザインめっちゃ良くない!?
2ヶ月半ほど前、このブログのデザインをWordPressテーマ「ストーク」に変更しました。前は無料のテーマを使ってたけど、導入したストークは有料のテーマ。 そのお値段1万円!正確には¥10800(税込) 最初は1万円かぁ…と思った。 けど結論から言うと、ストー...

 


例えば記事を書くページでこんな風に

 

項目がいくつか出て来る。
これをクリックするだけで編集が可能になるのよ。
そんな「AddQuicktag」の紹介をするわ。

 

 

「AddQuicktag」のインストール方法

WordPressダッシュボード「プラグイン」から「新規追加」そして「AddQuicktag」で検索すると表示されるわ。
インストールして有効化をしましょう。

 

AddQuicktagの設定方法

ダッシュボード「設定」から「AddQuicktag」を開くわ。
項目がいくつか出て来るけど、メイン機能は「クイックタグの追加と削除」よ。

 

 

クイックタグの追加と削除

ここではショートコードやタグを登録するわ。
登録されたものがワンクリックで入力できるようになるの。
入力項目についてはこちら。

 

 

・ボタン名:ここに使うボタンの名前を入力。(必須)

・ダッシュアイコン:アイコンを設定できる。無くてOK。

・ラベル名:特に無くてOK。

・開始タグ:使うコードの前半を入力。(必須)

・終了タグ:使うコードの終わりを入力。(必須)

・アクセスキー:不要。

・順番:コードをプルダウンメニューの何番目に表示するか。使うコードが多い場合に設定。

・使用する場面(右の部分):使用する場面にチェック。一通り入れておく。(必須)

 

以上!

 

開始タグと終了タグについて

開始タグと終了タグについて詳しく説明するわ。
例えばブログカードを挿入するコードは

 

というコード。

 

“”の間にある「記事のURL」というところにURLを入力すると、ブログカードを記事に設置できるわ。
例えばこのようにすると。

こんなブログカードが出来るわよね。

悩んだらコレ!無料で使えるWordPressのおすすめテーマ7つを紹介。
WordPressのテーマは数えきれないほど存在してるわ。 公式の「人気のテーマ」を見ても2000以上出てくる。多すぎ~  その中でも、私が使ってみた中でいい感じ!なテーマを紹介するわ。 「ブログのデザインどれが良いか全然わかんな~い」って人はこれから選...

 

 


さっきのコード「記事のURL」という部分を挟むコード前半(開始タグ)は

 

 

コード後半(終了タグ)が

 

 

 

だからこう設定をしてね。

 

 

AddQuicktagの使い方

記事を書く画面でビジュアルエディタに「Quicktags」っていうプルダウンメニューがあるはずよ。
ここにあるコードを選択すると、クリックだけでコードが挿入できるわ。

 

またブログカードのコードを例にするわね。
挿入したい場所で「Quicktags」からブログカードのコードを選択。

 

 

 

そしたら記事内に

設定したコードが置かれるわ。””の間に記事のURLを記述すればOK。

 

 

ちなみに、先にURLを記述してからでもOKよ。
URLを記述して選択をする。

 

その後ブログカードのコードを選択すると。

 

このように設定される。

すごい楽よね。

 

 

 

その他の設定項目

その他の設定に関してよ。

 

 

デフォルトのクイックタグを非表示にする

デフォルトのクイックタグを非表示にできるわ。

 

 

テキストエディタを使う場合、いくつかタグがあるわ。
邪魔だし使わないから非表示にしたいタグがあれば、ここで設定をしましょう。
ビジュアルエディタをメインで使う人は設定不要かもね。

 

 

拡張コードクイックタグボタン

拡張コードクイックタグボタンでは、preとhtmlentitiesのボタンを追加したい時に設定するわ。
私は使う機会が無いから未設定ね。

 

<PRE>タグはPreformatted Text(整形済みテキスト) の略で、<PRE>~</PRE>で囲まれた範囲のソースに記述されたスペース・改行などを、そのまま等幅フォントで表示します。

引用-HTMLタグリファレンス

 

htmlentities — 適用可能な文字を全てHTMLエンティティに変換する

引用-PHP関数リファレンス 

 

エクスポート・インポート

設定したタグのデータをエクスポートで出力。
インポートでデータを読み込み、他のブログでも同じ設定で使えるわ。

 

自分のコード設定を配りたい、誰かが配っているコード設定を使いたい。
そんな時に使うといいわね。

 

 

まとめ

AddQuicktagはコードを入力するのにすごく便利なプラグインよ。

 

 

最初に設定をする必要があるけれど、作業がめっちゃ楽になるわ。
コードの誤字脱字も無くせる。
よく使うコードがある人は、ぜひ導入するといいプラグインよ。

スポンサードリンク

コメントする(名前等無くてもok♪)