エアコンがカビ臭い!くうきれいスプレーで洗浄して脱臭する掃除方法!

エアコンがカビ臭い!

 

我が家のエアコンは長いこと使い続けているのですが、エアコン内部のファンを見てみると…

黒いカビがびっしりついていた、汚い!

これは臭いわけだ。なんとかしよう。
業者に掃除を頼もうか。
いや、個人ですぐに掃除することはできないのかな?

そう思っていた時に見つけたのが「くうきれい」というスプレー。
個人で掃除ができるなら、スプレーでやってみよう!
そう思いエアコンの掃除をしました。

結論から言うと、カビ臭い空気がなくなり、すごく快適な部屋になりました!

自分でエアコンファンの掃除をすることができる「くうきれいエアコンファン洗浄剤
こちらのスプレーで、エアコンを綺麗に掃除する方法を紹介します。

 

準備するもの

まず、掃除を行う前に準備をしましょう。
使うと良いものはこれら。

くうきれい

まずはメイン、くうきれいスプレー。
シートも付いているので、汚水対策にシートを用意する必要はありません。
嬉しい。

使い方は最初にムースを使い、その後リンスで流すという使い方をします。
クリームのようなムースですが飲用してはいけません。

マスク

口に泡や汚れが入らないように保護しましょう。

手袋(ゴムやビニール等掃除用の)

手に洗剤や汚れが付着しますので、手袋で保護すると良いです。
僕は忘れて、素手で始めてしまい後悔しました。

メガネ

100円の伊達メガネでもOK。
目に洗剤や汚れが入らないように保護します。

箸や歯ブラシ

ファンを回したり、掃除するために必要です。

床に敷いておくもの

箸や歯ブラシなどを床に置く時、床が汚れないようにします。
新聞紙等で良いですね。
エアコンの下に水滴がたれないか心配、という場合はそこに敷くのもいいかも。

ライト

掃除をする時、ファンの奥を見るためのライトがあると良いですね。

トイレットペーパー

最後に水や汚れを拭き取るために、トイレットペーパーを使います。

霧吹き、加圧スプレー

最後に霧吹きで水を吹きかけ、ムースの泡をとりました。
霧吹きで時間をかけてやったのですが、加圧スプレーの方が良さそうです。

 

電源を抜いてシートの準備

掃除に入ります。

電源を抜く

まずは電源を切り、コンセントから電源プラグを抜きます。
万が一エアコンを起動してしまった場合、怪我や破損の原因になるので超重要です。

掃除する前にエアコンのファンを見てみると…

汚いっ!

ちなみに少し前に歯ブラシで磨いてこれです。
その前は分厚い汚れがビッシリでした。

 

シートの準備

シートの装着をします。
両面テープが最初から付いているので、保護シートを剥がしてそのまま装着可能。

けれど不安なので、さらにガムテープで補強しておきます。

これで準備が完了です。

 

ムースを吹きかける

その1のムースを準備。
ファンにムースを吹きかけます

箸や歯ブラシでファンを回し、場所を変えながら吹きかけます。
そのまま20~30分ほど放置します。

 

雪のようにムースが出てくる、真夏の雪まつり状態です。
そして白い中に茶色い汚れや黒いカビも見えるぞ。

 

フィルター掃除

ムースを放置している時間で、フィルターの掃除をしました。

エアコンのフィルター部分を空けて、フィルターを外します。

 

可能ならばフィルターを外す前に、掃除機でホコリを吸うのがいいですね。
うちの環境ではフィルターを装着した状態での掃除機は難しかったので、ホコリが落ちないよう慎重に取り外しました。

装着した状態での掃除機が難しい場合は、取り外した後に掃除機でホコリを吸ってください。
吸う場合は目詰まりを防ぐために、外側から吸います。

または風呂場で水洗いするのもいいですね。
僕も水洗いをしました。
洗う時は目詰まり防止のため、今度は内側から洗います。

洗った後は干して置きます。

 

リンスを使い洗い流す

リンスを吹きかけて、ムースを洗い流します。

液体が出てきて汚水がたまってきた、ビールとか麦茶みたい。

けどリンスだけじゃ汚れが取り切れないんですよね。

レビューで「リンスの量が少ない」と言われてたけど、本当に少ない
なので水で流す必要があり、ここで霧吹きや加圧スプレーを使い洗い流しましょう

 

汚れを磨いて水を拭き取る

汚水が大量にたまっています。
これだけ汚れが出てきたらもう大丈夫、かと思ったらまだでした。

ムースとリンスで汚れはとれるけど、内部にくっついた汚れが残ってる。
歯ブラシで磨いて汚れを取ります。

このように、汚れがちょくちょく残っていました。
そしてトイレットペーパーで水を拭き取ります。

 

最後に送風

エアコンの電源プラグをコンセントに差し込み、タオルを送風口に当てて送風で運転をします。
急に水が飛んでくるので注意。

10秒ほどしたら電源を切ります。

まだ濡れていた場所があったので、トイレットペーパーで拭き取りました。

 

最終的に汚水が…

こんな風になりました。

麺つゆかな?

 

ちなみに、説明書になくてわざわざ電話して聞いたのですが。
この汚水は普通に流して捨ててOKだそうです。
油みたいに特殊処理するのかと思っちゃった。

 

これで終了!
手を上に上げ続けたので、少し疲れました。

 

おわりに

めっちゃ黒い汚水が出てきて、どれだけエアコンの中汚かったんだよ!
と思いました。
健康にもすごく悪そう。

でも今は――

すごく綺麗になりました!(見にくいかもですが)

見かけだけじゃなくて、空気も綺麗!
カビ臭さが無い!
ただ洗剤の臭いが数日続きます。

 

リンスや霧吹きを使っている途中に、水が手を伝わってきてぬれました。
汗もかくので、終わったらシャワーを浴びてスッキリしましょう。

あと日中は暑いから、朝早くの涼しい時間にやるといいですね~

 

 

たった一人でエアコンの掃除が出来ました。
ただ完璧に綺麗とまではいかず、黒い汚れが残っている部分がある。

 

2000円ほどのスプレーを使って自分で掃除するのも良いですが、「完全に綺麗にしたい」「面倒だから自分でやりたくない」って人は業者に頼む方がいいです。

手間がかからなくて楽だし、業者には専用の道具がある。
綺麗さで言ったら業者の方が上だよね。

プロのエアコンクリーニング/あなたのマイスター

 

 

無料で相談・見積をしてくれる業者さんもいるので、エアコン掃除にかかる費用や流れをとりあえず調べてみるのもいいかも。

ハウスクリーニング専門・お掃除マスター

 

 

エアコン掃除をした今、綺麗な空気ですごく快適です。

エアコン掃除をすることで、部屋の天国性が増しました!

 

スポンサードリンク

コメントする(名前等無くてもok♪)