友達とワイワイ盛り上がれる、おすすめアナログゲーム4つはこれだ!

先日新年会にて友達とアナログゲームで遊びました。
みんなでワイワイ盛り上がれるのがイイよね。
今回は遊んで面白かった4つのオススメアナログゲームを紹介します。

ドメモ

P1050395 P1050391

まずはイタリアの天才が作ったというゲーム、ドメモ。2~5人でプレイできます。
今回は5人でやりました。

 

1が1枚、2が2枚、3が3枚… 7が7枚と、数字と同じ数だけ枚数がある、数字プレート計28枚を使います。
これらプレートから4枚ずつをランダムで全員に配り、自分が見えないように場に立てて並べます。

場に4枚のプレートを公開状態、残り4枚のプレートを伏せて見えないようにしておきます。
そして順番に、自分の持っているであろう数字を発言し、当たったらそれを場に出していきます。

 

その手順を繰り返して手札が0になったら勝ちです。

プレイ時間も短く簡単なので、お手軽にプレイできるよ。

by カエレバ

 

 

藪の中

P1050398 P1050397

芥川龍之介のお話を題材にしたゲーム、プレイ人数は3~4人。
使用するのは数字が書かれた人型のカード。

場に死体が1人と容疑者が3人、その容疑者の中から1番数値が高い犯人を探すゲーム。

コンパクトで持ち運びが楽です。

by カエレバ

 

 

カルカソンヌ

P1050402 P1050408

フィールドパネルを引き、場に置いて広げていくゲーム。プレイ人数は2~5人。
自分がセットしたパネルの上にコマを置いて、道や街が完成すると得点が入る。

カードを全て引ききって使い、1番得点が多い人の勝ち。
大きな街が作れるとテンション上がる。
最初プレイした時は、7つあるコマを使い切れなくて余った。

次は使いまくってたら足りなくなった。コマの管理は重要だね。
一回目はテーブルの上で始めたけど、フィールドが広がるとテーブルに収まらない。

床でやったほうがいいですよ。

by カエレバ

 

 

十二季節の魔法使い

P1050412 P1050415

季節が変わっていくゲーム。プレイ人数は2~4人。
ダイスをふって魔力を集めて魔法アイテムや使い魔のカードを召喚して勝利の点数をためていく。

プレイ時間60分らしいですが、初回プレイ4人で2時間半かかったよ。

by カエレバ

 

以上、今回やったのは「ドメモ」「藪の中」「カルカソンヌ」「十二季節の魔法使い」の4つでした。
カルカソンヌと十二季節の魔法使いが楽しかった。
十二季節の魔法使いは、ボードゲームアリーナでもプレイ出来ますよ。

 

ボードゲームアリーナ

スポンサーリンク

コメントする(名前等無くてもok♪)