漫画家のアシスタントになるならここ!応募できる3つのマッチングサービス

漫画家のアシスタントをやるとすごく勉強になります。
プロの仕事を見ることができるし、背景を描くのが上手くなる。

僕も体験して非常に学ぶことが多かったです。

アシスタントは一度経験すると良いですよ。

 

ではアシスタントやるにはどうすればいいか。方法はいくつかあります。

  • 出版社の募集に応募する
  • 出版社の編集さんから紹介してもらう
  • 漫画描いてる知り合いの手伝い
  • 知り合いづてで紹介してもらう

 

などなどがありますね。
僕は最初のアシスタント先は、編集さんから紹介していただきました。

その他にもあります。
今回紹介するのは「漫画家アシスタントになるためのマッチングサービス」です。

 

J.A.C.

J.A.C.

結構前からあるサービス。
アシスタント先の先輩から教えてもらいました。
一度サービス休止したのですが、再開。
募集件数が多いです。

 

GANMO(がんも)

GANMO

Webコミックサイト「Jコミ」が、J.A.C.のサービス停止の際に始めたマッチングサービス。
今のアシスタント先は、GANMOで応募しました。
タグがあってわかりやすいです。

 

MANTO

MANTO

新しく出来たサービス。
まだ募集は少ないね。これから増えるかも。

 

募集には

募集には、個人情報とアシスタント歴や自分が作画したサンプル画像等を送ります。
デジタルアシスタントは主にコミックスタジオで作業。
スカイプで連絡をとり、ドロップボックスでファイルのやりとりをします。

アナログ漫画のアシスタントは…やったことが無いのでわかりません。
デジタル作画ならどこにいても可能ですが、デジタルは直接現場に行くので場所が限られていますね。
それでも行くことが可能な場所ならば、申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

ということで、漫画家のアシスタントをやりたい!
というあなたは、マッチングサービスを使ってみてはいかがでしょうか。
自分がプロになって、アシスタントを頼む時にもどうすれば良いかを知っておけますよ。

スポンサーリンク

コメントする(名前等無くてもok♪)