世界のお金持ちや成功者たちが実践していた、不思議な習慣10選

スポーツやビジネス、歴史上の有名な人物たちは、不思議な習慣を持っていたの知ってる?

 

 

不思議な習慣?
変なお薬とか、不倫したりとか?

 

 

それは真の成功者なのかしら?

 

 

例えば、フランス第一皇帝ナポレオン。
ナポレオンは戦いの前に、勝利のお祝いの準備をすませることを習慣にしていたの。

 

えぇー戦う前から?
そんな習慣があったのか…

 

成功者がやっていた習慣は不思議に見えるものもある、けれど研究データから根拠があるものも多くあるわ。

 

 

これから紹介する成功者たちの習慣。
参考にして、何か始めてみたらどうかしら?

 

 

 

アレキサンダー大王 シャーベットを食べる

アレキサンダー大王は大帝国マケドニアを築いた英雄。
そんなアレキサンダー大王は、勝負の直前にシャーベットを食べていたの。

 

アイスが好きなおっちゃんだったのか?

 

 

シャーベットは果実、果糖、氷でできているわ。

 

 

果実には人間に必要な栄養素のほとんどが含まれているの。
活動前に摂取することで、体の器官が正常に作動しやすくなるわ。

 

果糖は吸収が早くエネルギーに変わりやすいの。
強い甘みにより味覚が刺激されて快感ホルモンが分泌、脳が活性化するわ。

 

氷は、冷たいものに触れると目が覚めるから、脳や体が活動的な状態になるわ。

 

 

シャーベットすげぇ!

 

 

勝負の前にはシャーベットを食べるといいんじゃない。

 

 

果糖をとって勝負に勝とう!

 

 

……

 

 

シャーベットより冷てぇ…

 

 

 

アインシュタイン 成功を想像する

アルベルト・アインシュタインは相対性理論などを発表し、ノーベル物理学賞も受賞した天才物理学者。
アインシュタインは仕事の前、成功することを想像してから作業に取り掛かっていたわ。

 

相対性理論って何??????????という方はこちら Wikipedia:相対性理論

 

意外と普通じゃないか。

 

 

相対性理論に取り組んでいた時には、時空を超えて過去と未来を行き来する姿を想像していたらしいわ。

 

 

意味がわからん。

 

 

とりあえず、世界一のスポーツ選手になるとか想像しながら練習するといいのか?

 

 

んーでも遠い未来よりも近い未来を想像するのが良いとされているわ。
未来を予測するのは難しくてどうなるかわからないもの。
今の時代を10年前に想像することは難しかったわ。

 

たしかに

 

 

今の先に未来があるから、目の前の仕事の成功を想像することが大事ね。
将棋の羽生善治さんも、対局前に勝った自分を想像していたわ。

 

 

目の前の一局に一極集中していたんだな。

 

 

 

ビル・ゲイツ 日常から離れて一人で過ごす

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏。
ゲイツ氏は年に数回、日常から離れ山荘にて一人で過ごすということをしているの。
親しい人にも知られない場所で、読書や考え事をする1週間を過ごしているわ。

 

山ごもり修行みたいだな。
いや、自分探しの旅か?

 

 

普段生活していると、たくさんの情報が入ってくる。
けど情報が多いと正確な意思決定ができなくなるの。
だから情報を遮断して切り替えるのが良いとされているわ。

 

私も漫画喫茶に一週間こもってみようかな。

 

 

意味あるのかしら?

 

 

 

イチロー メインイベントを決めて行う

メジャーリーガーのイチローこと鈴木一朗選手。
イチロー選手は朝起きた時にその日のメインイベントを決めて必ずそれを実行するの。

 

わりと普通っぽいぞ。

 

 

そうね、けれど必ずやるとなったら時に難しいこともあるわ。
誘いがあっても断って必ず実行する。
そうすることで

 

  • 自分のやるべきことを必ずやる力。
  • 誘惑を断ち切る力。
  • 自分の望みを思い出す力。

 

というような力をつけて、目標を達成していくの。

 

 

意志とか力がつきそうだな。
よし、今日は10km走ろう!

 

 


天気悪くなるかも、やめとこ。

 

 

意志よわっ。

 

 

 

レディー・ガガ 自分の体をほめる

アメリカのアーティスト、レディー・ガガは愛する自分の体に話しかけてほめていたわ。

 

疲れている時に話しかけることで、やる気やモチベーションになったの。
それに自分を褒めることを一定期間行うと、不安を乗り越える力が増すという研究があるわ。

 

自分に可愛い、痩せてるとか言い続けると意識が変わるってのは聞いたことあるな。

 

 

そうね、心が変わると行動、習慣、人格、そして運命が変わっていくと言われているわね。

 

 

自分はできる、自分は面白いとか言い聞かせよう。

 

 

 

カーネル・サンダース 人のためにお金を使う

ケンタッキーフライドチキンの創業者カーネル・サンダース
カーネル氏は貧乏な時から収入の数%を協会に寄付していたわ。

 

カーネル氏がケンタッキーフライドチキンを創業したのは65歳の時。

 

 

65歳?定年な年頃じゃないか。

 

 

すごいわよね、でもなかなか売れなかった。
そんな時に、神様に収入の半分を寄付すると誓い実行したわ。
そしてケンタッキーは大成長したの。

 

 

なんだかスピリチュアルな感じだけど…

 

 

人のために祈ったりお金を使うと、自分にお金を使うよりも幸福度が高いという調査データがあるわ。
その幸福感が魅力度を高めるのかもね。

 

 

ケンタッキーを買ったらその売上が寄付される」って思うといい事してる気分になるな。
買いたくなるかも。

 

 

 

藤田田 耳の裏を洗って清潔にする

日本マクドナルドの設立者、藤田田(ふじたでん)さんは耳の裏を洗っていたわ。

 

 

何でだろ、耳が聞こえやすくなるとか?

 

 

多くの成功者がいるユダヤ人が行っていた習慣よ。
けれど効果を証明する実験はされていないわ。

 

ええ~
根拠無いの?

 

けれどユダヤ人が5千年以をかけてできた知恵。
だから信じて行っていたわ。
実際によく洗っている成功者はいるみたい。

 

 

あと耳の後ろは汚れが溜まりやすくて匂いが出やすい場所。
清潔にするのはいい事よね。

 

まぁ清潔なことはいい事だな。
どうせならお店の人やセールスマンは綺麗な方が嬉しいし。
耳かき屋さんのオプションで耳の裏を洗ってもらうサービスとか良いんじゃないか。

 

 

ウォーレン・バフェット 鏡を見つめて目標を想像

アメリカの投資家、ウォーレン・バフェットは世界長者番付トップ10位に入り続けているお金持ち。

 

聞いたことある、習慣は…コーラとハンバーガーを食べることだな。

 

 

んーたしかに食事はそうね。
86歳という高齢だけど、一日に何本も甘いコーラを飲んだり食事はハンバーガーと偏食。

 

 

他にも習慣があるわ、それは。
「鏡に映る自分を見つめながら今日何をするか決定を行う」こと。

 

身だしなみチェックじゃないのか?

 

 

自分に向き合ってやるべきことに意識を向けるんですって。
映画監督のスティーブン・スピルバーグ監督も幼少時代。
将来の自分を想像しながら鏡を5分間凝視することをしていたわ。

 

鏡に映る自分を見つめて話しかける。
やってみたらどうかしら?

 

 

 

ちなみに鏡に向かって「お前は誰だ」と言い続けると…

 

 

何かいい効果があるのか?

 

 

狂って自分が誰だかわからなくなってしまう、というナチの実験があるわ。

 

 

怖いわ!

 

 

 

ナポレオン 勝利の祝いの準備を先にすませる

フランス第一皇帝ナポレオンは戦いの前に、勝利のお祝いの準備をすませていたわ。

 

 

やる前から勝った気でいるのか。

 

 

そうすることで士気を高めていたの。

 

 

まぁ負けたらどうしようって考えても弱気になるよな。
どうせなら絶対勝てるって気持ちで挑むのがいいな。

 

 

成功している人には、失敗を考えるのは無駄なこと、失敗を考えても仕方がないという人もいるわ。

 

 

超ポジティブだな。
でもネガティブな人より、ポジティブな人に付いていきたいって思うかもな。

 

 

思考は現実化すると思って成功を思い浮かべましょう。

 

 

 

 

ウォルト・ディズニー 叶えたい目標に愛称をつける

アニメーターの仕事をしていたディズニー
30第後半に誰も見たことがない遊園地を作るという夢を描いたわ。
そして49歳の時にミッキーマウスパークという名前をつけた。

 

おお…ってディズニーランドじゃないのか?

 

 

途中で名前を変えながらも7年後にディズニーランドになったわ。
誰かに話したり、具体的な名前をつけるとイメージしやすくなるの。
その夢を他人と共有して実現させていくことが成功の秘訣と語っていたわ。

 

 

日本列島改造論とか大阪都構想みたいに名前をつけるんだな。

 

 

 

まとめ

成功者たちの不思議な習慣はどうだったかしら?
絶対に効果がある、と言い切れるわけじゃない。
けど実際に成功している人がやっていることなら、試してみる価値はあるんじゃない。

 

よーし、それじゃあ

 

 

戦いの前に勝つイメージをしながらシャーベットを食べつつ祝勝会の準備をして。
自分を褒めてお風呂で耳の裏を洗って鏡を見て…
えっとえっと…山奥で読書を…

 

全部やる気なのね。
ちなみに参考にした本には44の習慣が載ってるわ。

 

 

 

44…全部できるかな??

 

 

~おわり~

 

ちなみにスティーブ・ジョブズは
何をしてきたかと同じくらい 何をしなかったかを誇りたい」と言ってるわね。
取捨選択は大事♪

スポンサーリンク

コメントする(名前等無くてもok♪)