【簡単】顔のほくろ除去手術の体験談。痛みもなく1時間でとれました。

この記事は「ホクロが気になるから取りたい」「ホクロの除去手術ってどうなの?」という方向けの内容です。

「ほくろが気になる、ほくろを取りたいなぁ」と思ったことありますか?
僕はあります。
そして先日、ほくろ除去手術を受けてきました。

僕には口の上に直径6mmほどのほくろがありました。
正直嫌でした。
髭を剃る時にひっかかって邪魔だし、見た目が良くなるわけでもないので、無いほうがいいなぁと思っていたんです。
そんな時、すぐにできるほくろ除去手術があることを知り行くことにしました。

結論から言うと痛みもなく、とても簡単にとれました。
時間は当日に1時間、そして一週間後に抜糸をするだけ。

費用は自分の場合、保険が使えて10750円でした。

今回はほくろに悩む人、ほくろを取りたい人向けに手順や手術体験談を話します。
本当に手軽にできるので、ホクロが気になる人はホクロ除去がおすすめです。

ほくろ除去手術まで

まず手術した場所は、上野の「アイシークリニック」という院で行いました。

手順としてはまずWEBサイトで詳細を確認し、その後電話で予約をしました。
手術後に切った所は湯船に入れないこと、しばらく付近の髭を剃らないこと、など注意を聞きました。
気になることがある人は電話で気軽に相談ができます。
そして3日後に予約をして手術をしてきました。
休日でもやっているのがありがたいですね。

保険について

「保険が使えるか」ですが、完全に美容目的の場合は保険が使えません。
髭剃りに邪魔・服の脱ぐ時にひっかかるなどのケースでは保険が使えます。

 

ほくろ除去手術の体験

手術当日、クリニックの受付で名前を言って保険証を預けます。

名前を呼ばれると診察室に入り、先生と手術方法や術後の流れを話しました。
僕のケースではほくろは円形に切るのではなく楕円のように、「目」のような形に切るようでした。
その方が綺麗になるらしいです。
傷が残りにくい方法を行ってくれます。

ちなみに先生もスタッフの方も皆女性の方でした。

それから一旦退室。
他に病気は無いかアレルギーは無いかなどの書類を渡され、チェックして署名します。

手術開始

診察室に入り手術台で横になり採血。
そして手術に入りました。

まず顔にシートを被せられて、ほくろの近くに麻酔がされます。
注射器を刺すと同時に振動を当てて痛くないように衝撃を分散させていました。
振動してる携帯電話を当てる感じですね。
その状態で針を指します。
振動で分散させるのは始めてでしたがほとんど痛みはなかったですね。

その後に麻酔を注入して、痛みがないか感覚がないかを聞かれます。
問題なかったら手術開始です。
痛かったり発言する時は手を上げてっていう歯医者のようなシステムでした。

手術自体は見えませんでした。
肌を切って、ホクロを引っ張りながら切っている、そんな感覚があります。

ほくろを摘出してから止血して縫って、ガーゼとテープを貼って終わりです。
クリニックに入ってから1時間以内に終わっていました。
今後の説明があり、1週間後に抜糸の予約を入れました。
通常は1~2週間で抜糸です。

手術後と注意すること

注意することなど説明書は受付で渡されました。
運動やアルコールはしばらく控えます、できれば1週間後の抜糸まで。
海・プールなども控えます。
あと傷口付近の髭はしばらくそらないようにします。

また薬の処方箋も渡されました。

  • 塗り薬
  • 飲み薬
  • 痛い時に飲む痛み止め

の処方箋です。

2時間で麻酔が切れると言われました。
その後痛かったらやだなと思ったけど、全く痛くなかったです。
僕は痛み止めを全く飲んでいないですね。
あとマスクを貰えたのでマスクをして帰りました。
傷口に紫外線に当てないでと言われました。

病院を出て、近くの薬局に行って薬をもらいます。
待っている時にお茶とか水が飲めるところで、リンゴ風味水を飲みましたが美味しかったです。
口を大きく動かして血が出たら嫌なので、少しだけ口を開けてすすってました。
食事は手術後3時間位は何も食べないでと言われていました。
なので事前に食べておいてください。

ガーゼとテープは翌日の夜まで剥がさないでと言われました。
ですがテープの接着面が少なくて、普通に家に帰る頃には剥がれていたんです。
なので自分で絆創膏を貼ることになりました。

翌日夜はシャワーで傷口を洗って、塗り薬をぬって絆創膏を貼ります。
あと飲み薬を2日分、朝昼晩飲みます。

ほくろ除去手術から1週間後

そして1週間経過、抜糸したらこうなりました。

手術3日後

抜糸後

1週間経つとだいぶ傷が癒えましたね。

切除したほくろは検査してくれて、重大な病気の疑いがあったら連絡をもらえます。

ちなみに「とったホクロを持ち帰りたい人は今までいましたか?」と聞いたらいないらしいです。
一人くらいいると思ったんですけどいないらしいです。

ホクロ除去手術のデメリットは?

ホクロ除去手術のデメリットに関してです。

手術後しばらくはシャワーの後に塗り薬をぬり絆創膏を貼る、ということをやります。
また、紫外線に当たらないようにマスクをつけます。

あと口を大きく開けると傷口開いちゃうんじゃないかなぁという心配があります。
僕はしばらく小声で喋ってましたね。

そういった手間や心配がありますが、大したデメリットには感じませんでした。

 

ほくろ除去手術にかかった費用

ほくろ除去手術にかかった費用をまとめると

  • 手術費用9790円
  • 薬代が580円
  • 抜糸に380円

合計10750円でした。

保険が使えるのありがたいですね。
部位や大きさによって費用は変わります。

 

ほくろ除去手術のまとめ

ほくろ除去手術のまとめです。

  • かかった費用は合計10750円
  • 時間は当日に1時間と一週間後に抜糸
  • 痛みは特に無し
  • デメリットはシャワーの後に塗り薬をぬり絆創膏を貼る、紫外線に当たらないようにマスクをつける
    などの手間。

 

以上です、特に問題もなく丁寧に手術をしていただきました。
採血が一番痛かったです。

感想を言うと、やってよかった!という思いです。
今後はひげ剃りをする時のストレスが一生無くなります。
それに僕は昔から顔のホクロが気になっていたんです。
見た目がよくなるわけじゃないしな~と思っていました。
そのホクロがこんな簡単に取れるとは驚きでした。

もし「ホクロが邪魔だから取りたい」という人は参考にしてください。
人によってホクロの場所や大きさは違いますから、まずは院に問い合わせてみるのが良いです。

 

上野「アイシークリニック

 

レーザー治療の手術もあります。

「切らない」「簡単」「日帰り」の「KM新宿クリニック」 

 

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)