目次を簡単に入れられるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」

ブログ記事の最初にあると便利なもの、それは「目次」よ。
目次を設置して無い人はぜひ置いて欲しいわ。
今回は目次の簡単な入れ方の紹介よ。

 

 

目次とは何か?

目次っていうのは↓のようなもの。
いろんな人のブログで見たことがあるんじゃない?

目次があると、どんな内容かがわかって便利よね。
それに見出しをクリックすると、目的の項目まで飛ぶこともできる。
すごくありがたい機能だわ。

 

そんな目次を設置するのに便利なプラグイン「Table of Contents Plus」を紹介するわね。

 

 

 

Table of Contents Plusのインストール方法

ダッシュボードのプラグイン「新規追加」から「Table of Contents Plus」と入力して検索してね。
出てきたら今すぐインストールして有効化するわ。

 

 

 

Table of Contents Plusの設定方法

WordPressのダッシュボードにある「設定」から「TOC+」を開くと設定画面になるわ。
基本設定・サイトマップ・ヘルプ ってあるけど、基本設定だけで大丈夫よ。

 

 

基本設定

基本設定の項目を解説するわね。
あと私はこんな設定よ。

 

 

※見出しテキストの部分を「目次」にするつもりだったけど「見出し」にしちゃった。ゴメン。

・位置
目次を表示する位置のこと。
デフォルトだと最初の見出しの上に表示されるわ。これが見栄えが良いから私はこの設定にしてるわね。

・表示条件
目次を表示する条件として、見出しの数を設定するわ。
私は2つ以上の見出しがあったら、目次を表示する設定ね。

・以下のコンテンツタイプを自動挿入
目次を表示するコンテンツを決めるわ。
postは記事、pageは固定ページ、私はpostのみにしてるわね。

・見出しテキスト
見出しの上にタイトルを表示するかどうか、何と表示するか。
私は「目次」と表示する設定ね。
表示・非表示の切り替えはわかりやすく「表示・非表示」にしてるわ。

・階層表示
階層として表示するか。
見やすくなるのでチェックね。

・番号振り
自動で見出しに番号を振ってくれる設定。
見やすくなるのでチェックね。

 

階層として表示させて、番号を振るとこんな見た目になるわ。

 

 

 

・スムーズ・スクロール効果を有効化
目次で見たい所をクリックすると目的の所に飛ぶけど、ジャンプするか、スクロールして下がっていくかを選べるわ。
スクロールの方が自然でスムーズな感じ、だから私はチェックしてるわ。

 

外観

 

目次のデザインを変えられるわ。
自分好みのデザインにしましょう。
私はデフォルトだけど。

 

 

上級者向け

ここは上級者向けの設定だけど、特に難しいわけじゃないわ。
私は「見出しレベル」だけ変更してる。
どの見出しの部分を目次に表示するかの設定で、私はH2のみを目次にする設定ね。

 

H2までの方がすっきりしていて、私は好みだわ。

 

 

見出し2(H2)まで

 

H3まで含めると、ちょっとごちゃっとしてる気が…

 

 

見出し3(H3)まで

 

Table of Contents Plusで目次を入れる方法

このプラグインは有効化していると、自動的に目次が記事に設置されるわ。
場所はさっきの設定で決めた位置ね。

 

 

自分で目次の場所を決めたい場合

記事の中で目次を設置したい場所がある時は、その場所に次のショートコードを書いてね。

 

 

 

目次を入れたくない場合

記事の中に目次を入れたくない時は次のショートコードを記事に入れてね。

 

 

 

 

まとめ

記事の最初に目次があると、どんな記事の内容かがすぐわかるわ。
それにクリックして目的の項目へ飛ぶこともできる、便利よね。
目次と「Table of Contents Plus」はぜひ導入してほしいわ。

 

 

見出しについてはこちら

見やすいブログに必要な、正しい「見出し」の使い方
あなたのブログを読みやすくする、そのために大切なのが見出しを使うことよ。  見出しって何?という初心者の人もいると思うわ。 私も最初知らなかったもん。 そんな見出しのことをわかりやすく紹介するわね。  見出しって何?見出しは何の項目...
スポンサーリンク

コメントする(名前等無くてもok♪)