見やすいブログに必要な、正しい「見出し」の使い方

あなたのブログを読みやすくする、そのために大切なのが見出しを使うことよ。

 

 

見出しって何?という初心者の人もいると思うわ。
私も最初知らなかったもん。
そんな見出しのことをわかりやすく紹介するわね。

 

 

見出しって何?

見出しは何の項目について話しているか、をわかりやすく示したもの。
例にするとこんな感じね。

 

 

見出しの例

 

私がブログを始めたばっかりの時は、見出しの存在を知らなかったわ。
けど改めてブログのことを勉強して、それからいろんなブログで使われていることに気が付いたの。

 

見出しがあるとメリハリがあって、読みやすいブログになるし。
ブログの記事を書くのにとっても重要よ。

 

 

見出しの使い方

見出しの使い方を紹介するわね。

 

 

見出しの使い方の基本

 

見出し(H)には種類があって、見出し1(H1)から見出し6(H6)まであるの。
使っているブログのテーマ(デザイン)にもよるけど、だいたいの場合は記事タイトルにH1が使われてるわ。

 

見出し1(H1)は基本的に、1記事に1度使うわ。
だから本文にはH2からH6を使いましょう。
そして見出しは順番通りに使ってね。

 

H2を使ったら次はH3その次はH4。
また別の項目になる時はH2から使ってね、こんな感じで。

 

 

こんな記事の書き方だと、読みやすいブログになるわ。

 

 

 

見出しがあると、どれだけ見やすいか

見出しを使わない場合・使った場合はどう違うのかしら。
中華料理店の紹介記事を例として書くわね。
まず見出しを使わない場合。

 

見出しなし

見にくっ!!!!!
これが長~い記事だったら、読むのメッチャ疲れるわ。
じゃあ見出しを使った場合はというと。

 

 

 

見出しあり

どう?めっちゃ見やすくない?
何についての項目か、スッと目に入ってくるわ。

 

 

記事に見出しを入れる設定方法

次に、見出しの入れる方法を2つ紹介するわね。
1つはタグを使う方法、2つ目はプラグイン「TinyMCE Advanced」を使った簡単な方法よ。

 

 

その1 タグを使って見出しを設定する

テキストエディタを使って、見出しにしたい文字の前後に<h2></h2>のタグを入れるわ(見出し2の場合)

 

 

テキストエディタで行う

これだけで見出しが設定できるの。
記事のプレビューで確認をしてみましょう。

 

 

設定するとこうなる

 

こうタグを設定することで見出しができるわ。
けど…

 

 

タグを毎回入力するのすっごい面倒!
そんな人に、もっと楽な方法があるわよ。

 

 

 

その2 プラグイン「TinyMCE Advanced」を使って見出しを設定する

<h2>タグを入れる他に、プラグイン「TinyMCE Advanced」を使うことでもできるわ。

 

 


まずTinyMCE Advancedのインストール・設定についてはこの記事を見てね。

TinyMCE Advancedは見出しを入れたりブログを書くのがすごく楽になるので導入しよう
「TinyMCE Advanced」を使うと、見出しの設定がすぐに変えられたり、ビジュアルエディタでの操作ボタンが増やせるわ。 ブログを書くのが楽で楽しくなる、とても便利なWordPressのプラグインよ。  TinyMCE Advancedとは?WordPressで記事を書く時、テキスト...

 

TinyMCE Advanced」を導入したら、見出しボタンをビジュアルエディタに追加してね。

 

 

 

それから記事を書く時に、見出しにする文字を選択。
見出しボタンから見出しの種類を選びましょう。
たったこれだけ!すごく楽だからおすすめよ。

 

 

 

見出しを使うことで目次も使える

見出しを使うことで便利な目次を使うこともできるわ。
目次は記事の最初にあるこんな感じものもね。

 

各項目をクリックすると、その見出し部分までジャンプできる。
見たい部分がピンポイントに見れるすごい便利よね。

 

 

目次を入れるならこちら。

目次を簡単に入れられるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」
ブログ記事の最初にあると便利なもの、それは「目次」よ。 目次を設置して無い人はぜひ置いて欲しいわ。 今回は目次の簡単な入れ方の紹介よ。  目次とは何か?目次っていうのは↓のようなもの。 いろんな人のブログで見たことがあるんじゃない?目次がある...

 

まとめ

見出しを使うことでブログがとっても読みやすくなるわ。
これで見やすくてより良いブログを作っていきましょう。

 

スポンサーリンク

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください