WordPressのカスタマイズに必須!子テーマの簡単導入とその使い方を解説

WordPressでサイト全体のフォントサイズや見出しのデザインを変えたい。
そんな時はテーマの編集をするわよね。

 

でも、使ってるテーマの更新をした場合。
これまで編集したデータは上書きされて、編集前に戻っちゃうの。
更新するごとにテーマの編集をするのは面倒だわ。

 

そんなあなたには、WordPressのテーマ編集に「子テーマ」を使うのがオススメよ。
今回は子テーマの解説と導入方法を紹介するわ。

 

 

子テーマとは何か

子テーマっていうのは、元となるテーマ(親テーマ)の内容を引き継いだコピーのようなもの。
親テーマの中で編集したい箇所がある時は、子テーマの方に追加で記載するわ。
そして子テーマを使用するテーマとして有効化、すると編集が追加された状態になるの。

 

子テーマ編集の例

例えば見出しのデザインを変えたい場合。

 

 

このデザインを↓のように変えるとするわね。

 

 

 

 

この変更を親テーマでやっていた場合。

 

 

 

 


 

変更するぞ~↓

 

 

やったー変更できたぞ~
あっテーマを更新しなきゃ↓

 

 

ぎゃ~っ戻っちゃった!

 

 

 


 

となるわ、これを子テーマで編集していた場合

 

 

 


 

変更するぞ~↓

 

 

やったー変更できたぞ~
あっテーマを更新しなきゃ↓

 

 

親テーマの更新をしたけど子テーマの編集はそのままだぁ~

 

 

 


 

こんな風に、親テーマのコピーである「子テーマ」の方を使ってテーマの編集をする。
親テーマを更新すると編集がリセットされるけど、子テーマの方に影響は無いから編集状態を維持できるわ。

 

 

 

子テーマを使う方法2つ

そんなテーマを使う方法よ。
2つ説明するわね。

 

 

その1 最初から子テーマが配布されるテーマを使う

親テーマと一緒に子テーマを配布しているテーマの場合、2つをダウンロードしてインストールを行うわ。
そして子テーマを有効化すれば使用できる、簡単ね。

 

このブログで使っているWordPressテーマ「ストーク」 も最初から配っているわ。
初心者がテーマを選ぶ時には、子テーマも配布しているものを選びましょう。

 

 

 

その2 自分で子テーマを設定する

子テーマが無い場合は自分で作成をするわ。
これはちょっと手間がかかるわね。

 

 

①まずはフォルダを作成。
名前は何でも良いけど「(テーマの名前)-child」がわかりやすいわ。

 

 

②「style.css」と「functions.php」の2つのファイルを作成。
まずはstyle.css。
アクセサリのメモ帳を開き、以下の記載をしてね。

 

 

そして名前をつけて保存で「style.css」で保存。

 

 

 

③functions.phpを作成。
メモ帳を開いて以下の記述をしてfunctions.phpという名前で保存。

 

 

 

④作成した2つのファイルを①で作ったフォルダに入れてアップロードするわ。
アップロードは「エックスサーバー 」を使っている場合。

 

 

ファイルマネージャー」にログイン→自分のブログ名.com→「public_html」→「wp-content」→「themes」からファイルのアップロード。

エックスサーバーの場合で説明したけど、他のサーバーでもWordPressの構造は基本同じはずよ。

 

 

⑤自分のWordPressダッシュボード、外観からテーマ、でアップロードした子テーマを有効化。

 

 

以上で完了ね。
cssの表記が間違ってると上手くいかないわ。

 

 

自作する場合はちょっと面倒。
不安な人は、最初から配ってくるテーマがいいと思うわ。

 

 

 

まとめ

子テーマで編集するのはテーマの更新に影響されないから便利よ。
親テーマで編集した作業が無駄になるのは…すごい悲しいもん。
ぜひ子テーマを利用してね。

 

以上、WordPressのテーマ編集に便利な子テーマとその使い方の紹介でした。

 

 

スポンサーリンク

コメントする(名前等無くてもok♪)