ApexLegends初心者が注意すべき14のポイント、上達への近道とは。

この記事は「ApexLegendsを始めようとしている、始めたばかりの初心者」にオススメの内容です。

Apex Legends」を始めたばかりの人も、これから始めようという人もいると思います。
そんな初心者の方向けに、上達するために注意したい14のポイントを解説します。
なかなか勝てない、上手くならないという人にも確実に参考になる内容です。

一応僕はシーズン4ではパーティを組まずに、野良プレイでダイヤモンドランクまでいきました。
ダイヤモンド以上は上位3%くらいの数らしいです。

目次

とりあえずいっぱいやる、負けるのは当然

Apexを知った理由は動画や記事、友人に誘われたなど様々だと思います。
とりあえず気になったらプレイしましょう、やらないことには始まりません。
しかしですね、最初は確実に負けます。
僕も全くダメでした。

始めたばかりでは右も左もわからないと思いますが、まずは仲間についていってください。
仲間と離れたりはぐれると死にます。
仲間に助けてもらったり教えてもらいながら強くなってください。

強くなるにはプレイを続けて慣れるしかありません、楽しいと感じたら勝てなくても続けてみてください。
続ければ確実に上達して勝つのが楽しくなります。

キャラクターは何が良いの?

キャラクターは何を使えば強いのか?と疑問を持つと思います。
大会でほぼ使われる強キャラもいますが、とりあえず一通り使ってみるのが良いです。
プレイヤーによって合う合わない、楽しい楽しくないがありますから。
レイスは使用率が高く大会では100%使われています。
味方にいると頼もしい存在ですが、僕には合いませんでした。

まずゲーム自体に慣れていない人は、シンプルなキャラや逃げやすいキャラを使ってみるのが良いです。
シンプルなキャラは「ライフライン・オクタン」など。
逃げやすいキャラは「レイス・パスファインダー・ジブラルタル・バンガロール」など。
とりあえず動いて、長く生き残って戦場を体感してみてください。

僕は最初はジブラルタルを使っていました。
体が大きいので攻撃に当たりやすいですが、ガンシールドで正面の撃ち合いに強く、戦術アビリティのプロテクトドームで身を守ることができます。
アルティメットアビリティの防衛爆撃は使うと気持ちいいです。
大会で使用されることも多く強いキャラですし、とりあえずジブラルタルを使ってみるのはオススメです。

慣れたら他のキャラも使ってみて、自分に合うキャラを探してください。
他の仲間に使われることもあるので、第三希望くらいまで選択肢があると良いです。

武器選択と射撃訓練場で練習してみる

武器は何を使えば良いのか?どうすれば当たるのか?という疑問には、射撃訓練場で一通り使って練習するのが良いです。
スナイパー武器やショットガンは初心者には難しいと思うので、連射できる武器で相手にダメージを当てる感覚を鍛えるのが良いです。
当たると嬉しいですし。

フルオートで連射できる武器は
ライトアモ「R99・R301・オルタネーター・RE45」
ヘビーアモ「フラットライン・スピットファイア」
エネルギーアモ「ハボック・Lスター」
などがあります。
ハボック・R99・フラットライン・R301は中でも強いです。
動く的や人形の的に当ててダメージを与えるという体験をしてみてください。
撃ちまくるのは楽しいです。

エイム(狙う)して撃つことと、腰撃ちで撃つこと、どちらも練習をします。
また銃を撃っていると反動でブレることがあります。
ブレ方は銃によって違います。
ブレを制御してしっかり当てるように意識しながら射撃訓練をしてください。
僕はランクマッチの前に軽く射撃訓練をしています。

実践で持つべきものは、最初はグレネードは少なめで、回復と弾丸メインで良いです。
グレネードも適当に投げて有効というものではありませんし、撃って回復して長生きすることを目標に戦ってみてください。

情報を調べる、参考動画を見てみる

マップや武器・アイテム、キャラの性能などを調べることも大事です。
武器で与えられるダメージや金アイテムの恩恵などは戦いで重要になります。
また、アップデートによって、マップや武器・アイテム、キャラの性能に変化があります。
どんな変化があったのか、をチェックしてみてください。

また、上手い人の動画や大会の様子を見てみるのも良いです。
移動ルートや戦術、チームワークなど参考になることが多いんですよね。
知識・情報は武器になります。

ボイスチャットはあり?音に注意する

Apexではピンを刺して味方とやりとりができる便利な機能があります。
ですがボイスチャットを使えばより早く正確にやりとりができます。

マイクをもっていたり、ボイスチャットに抵抗がない方はぜひ使って欲しい機能です。
ただボイスチャットにも問題があります。
ボイスチャットをしていると声が聞こえず、謎の環境音だけ聞こえる人がいます。
テレビの音や歌、スマホの通知音などの環境音が入るとうるさいです。
そんな時はミュートしますが、ミュートする手間が面倒です。
僕も道路が近い茨城県民なので珍走団がうるさい時があります、その時は可能ならばミュートします。

ボイスチャットは便利ですが注意してください。

撃ち合う時はラインとレンジを意識する

撃ち合う時はいきなり前に出るのではなく、ライン(射線)を意識します。
敵から撃たれる場所を把握しながら戦います。
2チームが撃ち合っている真ん中に行けば、両方から集中砲火を受けます。
後ろに敵がいるのに前の敵と戦う、となれば挟み撃ちになります。
まずは安全地帯まで全力で逃げて、落ち着いてから戦います。

また、クロスというポジションもあります。
自分たちと敵が中~遠距離で撃ち合っている場合、自分は少し離れて、別のポジションから敵を撃つ戦術です。
直線の撃ち合いから、三角形の形をとります。(敵が頂点で味方同士が底辺のライン)
敵は意識する場所が増えるのでやりにくく感じます。

一気に決めるなら十字砲火、味方と敵が撃ち合っている時に敵の側面に回り込んで敵を撃ちます。
敵は意識の外なので高確率で撃ち勝てます。
逆に敵にやられないように、射線は警戒して動きましょう。

武器のレンジ(距離)も大事です。
ショットガンなら近距離、スナイパーライフルなら遠距離と得意なポジションがあります。
ショットガンで遠距離相手に撃ち合うなど無謀な戦いは避けて、得意な距離を作って有利な撃ち合いをします。

クリアリング、視点に注意

移動する時はクリアリングに注意してください。
例えば通路を曲がる時、先に敵がいないか注意することです。
また、敵が通路の先から出てこないかも警戒します。
画面の真ん中に「敵が出てくる縦の線」があるように意識します。

出てきた敵をすぐに撃てるように視点を意識することも重要です。
視点は画面の真ん中です、空や地面を見ながら歩いていては敵への対応が遅れます。
すぐに対応出来るように真ん中を見て、いつでも撃てるようにしていてください。

ポジション取り、撃たれる確率を減らす

撃ち合う時のポジションですが、高い場所が有利です。
低い場所にいると、高所からは頭から足まで全て見えています。
逆に低い場所から高所を見ると、相手は上半身しか見えません。
当たる的のサイズが違ってくるんです。
身を隠して回復も出来ますからね。
なので基本的に上が有利です。
ただし崖の上で逃げ場がない場所では、グレネードを投げられて負けるということもあります。

戦う時は隠れながら戦います。
何もない平地ではただの的です。
物陰に隠れならが撃ち、リロードの時も隠れて行います。
ピンチの時に逃げる退路を確保しておくのも大事です。

たまに一人で突っ込んでダウンする仲間がいます。
戦闘には連携が大事です、仲間と歩調を合わせて動いてください。

ダウンした仲間を起こす場所に注意

ダウンした仲間を起こす場所やタイミングにも注意します。
戦闘中に、明らかに敵がいる場所で起こす仲間がいます。
もちろん死にます。
起こす場所は安全な場所で、敵がいないことを確認して助けます。
ここでも射線を意識することは大事です。

味方にレイスがいるとポータルで別の場所へ移動させられるので有利です。
バンガロールで煙を巻いたり、ジブラルタルのドームシールドや、ライフラインのシールドもより安全に仲間を起こせるスキルです。

リングに飲まれて死なない

リングに飲まれるとダメージを受けます。
ラウンド序盤はダメージが少ないですが、後半は深刻なダメージになります。
プラチナランクでもラウンド1のリングに飲まれて死ぬ人がいます。
リングに飲まれて終わるのはしょうもないので、リングを意識しながら移動して安全地帯を確保してください。

中盤からは陣取りゲームです。
いかに早く安全なポジションを確保するかが大事になります。
味方にパスファインダーがいれば、ビーコンからリングの位置を読めるので有利に動けます。
大会ではリングの位置がわかった瞬間に動いて、ポジションを確保して固めるというシーンもよく見かけます。(リングの予想パターンと移動ルートをいくつか考えておく)

有利な位置を取り続けた結果、簡単にチャンピオンになれた、ということもよくあります。

漁夫り/漁夫られ

戦闘後に消耗した相手を襲撃する漁夫というものがあります。
有利に戦闘ができ、勝ちやすくなるので有効な戦術です。
戦闘している敵の近くで待ち、戦闘が終わったら一気に攻めましょう。
初心者でも勝率が大幅に上がりますし、キルをするいい経験になります。
気分は弱った獲物で狩りの練習をするライオンの子供です。

逆に、自分たちも漁夫られないように注意してください。
敵を倒した後のアイテム漁りは素早く、回復も迅速に行います。
場合によっては漁夫の連鎖が続くこともあります。
敵を倒した、と思ったらまた敵、も倒したと思ったらまた敵、も倒したら…と消耗戦を強いられるので力尽きます。
振りそうならば全力で逃げることも大事です。

戦闘後にその場から逃げて、漁夫に来た2チームが戦闘を始めて、終わった後に漁夫るという漁夫返しもあります。
不利な場合は戦わずに逃げることが大事です。

経験から学ぶ

ゲームをしていれば何百回も死にます。
負けた原因は何か、反省点を考えて学ぶのが大事です。

アルティメットやアビリティも上手く使えないということがあります。
これも慣れです。
仲間の使い方を見たり、敵にやられて困ったという経験を学びに、今度は自分が有効活用できるようになりましょう。

エリア探索も慣れです。
いいポジションとダメなポジション。
危ない道、人気の場所、自分が得意な場所もプレイして学んでください。

カジュアル/友達と遊ぶ/ランクマッチ

野良でプレイするのも良いですが、誘える友達がいるなら一緒に遊んでみてください。
友人とワイワイやるのは楽しいです。
また、カジュアルだけでなくランクマッチもやってみてください。
カジュアルでは強者も弱者も入り乱れていますが、ランクマッチは自分と同じ実力の相手と戦えます。
それにランクが上がると嬉しいです。
成長を感じられますし目標ができて励みになります。

僕がオススメするのはランクマッチです。

機材を使ってみる

普通にプレイしてもいいですが、良い道具を使うと上達することがあります。
良いイヤホンやヘッドホンを使えば敵の足音が聞こえやすくなって、有利に戦えます。

コントローラーに装着するFPSフリークを使えば狙いが定まって撃ち合いに勝ちやすくなります。
僕は「効果あるのかな?」と疑問もありましたが、実際に使ってみたらより勝てるようになりました。

 

PCの場合はゲーミングマウスやキーボードなどにこだわってみてください。

Amazonでゲーミングヘッドホンを見てみる

Amazonでゲーミングマウスを見てみる

Amazonでゲーミングキーボードを見てみる

終わりに・楽しむこと

以上初心者向けのポイントをまとめました。
いろいろ紹介しましたが、やっぱりゲームなので大事なことは楽しむことです。

楽しむことで続きますし、成長もできます。
たまに文句を言いたくなるシーンや、負け続けてへこむこともあります。
そんな時は一度離れて、またやりたくなったらプレイしましょう。
スランプでも続けなければならないスポーツ選手じゃないので、楽しんでいきましょう。
同じチームになったり、戦場で出会った時はよろしくお願いします。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる