10.8万円の液タブ「Wacom Cintiq 22 FHD」2週間使ってみた結果は…最高だった!

ワコムの液晶タブレットCintiq 22 FHDのレビューをします。
2週間ほど使いましたが、結論から言うと凄く良い!
イラストとか漫画を描くのにオススメの液晶タブレットです。

この液晶タブレットは2019/7/18にリリースされたものです。
秋葉原の電気店で触ってみたら一目惚れ、ひと触り惚れして買いました。
価格は10万8千円ですね。

 

今までは液晶タブレットCintiq 21UXを使っていました。
2010/3に買って9年使っているこちらとの比較も含めて紹介します。

 

Wacom Cintiq 22 FHD

Wacom Cintiq 22 FHDの特徴を紹介していきます。

筆圧レベル

まず筆圧8192レベル!

筆圧レベルっていうのは感度の違いですね。
昔のモデル21UXは2048でそちらの4倍の筆圧感知レベルです。
ただ相当こだわる人じゃないと違いがわからないというか、使ってて差を感じないと思います。
僕もそこまで感じてません!

サイドボタン

サイドボタンがありません。
僕は全く使わなくて、正直いらないと思ってたので嬉しい。
スリムになりました。

熱くない

一番うれしいのは熱くないこと。
昔のはすごく暑くて真夏に暖房状態でした、冬はいいんだけどね。

ペンホルダー

ペンホルダーは横についてます。
芯も中に収納されます。
今まではスタンドでしたが、余計なものを机に置きたくない人は嬉しいですね。

重さ

22FHDは商品重量9.86 Kgです。
21UXは8.7kg(本体)/約1.7kg(スタンド)なのでトータルでは軽くなりました。
設置はすごくしやすかったです。
力のない人でも大丈夫。
厚みもスリムです。

サイズ

本体サイズは57×36cm
画面サイズは47.7×27cmでした。

角度調整スタンド

スタンドもついてて角度が自由に決められます。
別売りスタンドを買わないと角度が自由じゃないモデルもあるので嬉しいですね。
僕は少し高くしたらベストだったので本を下に置いています。

電源スイッチ

電源スイッチとライトは正面からは見えないところにあります。
21UXは正面についているライトが光って眩しかったのでシールを貼っていました。
22FHDは正面からは見えないものの、夜にスリープモードにしていたら暗い中で点滅して嫌だったので一応今もシールを貼ってます。

描いてみてどうか?

描いていてどうなのかですけど、体感で描くスピードは前よりも早くなっています。
本当に描きやすいです!

描いていてストレスを感じない。
昔のよりも柔らかい感覚がします。

一応保護シールは貼って使っています。

ポインタの位置

凄さを感じたのが、ポインタの位置が正確なんですよ。
昔のは端っこの方だとずれてました。
このモデルは端の方でも正確です。

描いていて端っこまで使うことはまれですが、進化を感じます。

デメリットは?

デメリットは現状はありません。

コミスタ問題

ただこのタブレットをメインウィンドウにすると、漫画ソフトのコミックスタジオver4が不調になりました。
僕の環境では正確に使えなかった。

まぁコミスタはサポート終了してるし、今どき使ってる人は少ないです。
今はだいたいクリップスタジオを使う人が多いですよね。
ちなみにクリスタは問題なかったです。
僕はコミスタの方が使いやすいのでコミスタです。

メインウィンドウを別のモニターにしたら問題ありませんでした。

芯の消耗

プロペン2シリーズのペンを使っている人の意見ですと、芯の消耗が速いらしいです。
すり減りやすいと。

これはプリンターのインク商法みたいなものかなと思っています。
プリンター自体は安いけどインクを売って稼ぐビジネスモデルですね。
ですが一度売ってしまったら後は消耗品で稼ぐのは定石ですし、良いものを開発してくれるんですからまぁしゃあないやろ!と。

いいものを作ってくれてワコムさんありがとう!

 

ちなみに僕はセラミックハイブリット芯っていうのを使っています。
こちら描き心地も良く減りにくい。

TWITE GRAPHICSさんというサークルが作っています。
純正品じゃないのでペンが故障しても保証はないですが、TWITE GRAPHICSさんの芯を今まで4種類使って僕は問題起きてないです。

TWITE GRAPHICS  アリスブックス通販

 

おわりに

以上!Wacom Cintiq 22 FHDのレビューでした。

これから液晶タブレットデビューする人はオススメです。

10万円高い!って思うかもしれません。
けど昔のは20万円したので相当安いです。
コンパクトなサイズのモデル16FHDもあってそれは6万6千円くらいかな。

一度電気店で触ってみるのもいいと思います。
コミケ等のイベントで触れる時もあります。
とにかく良いぞおすすめ!

 

 

スポンサーリンク

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください