PCを買う時にBTOパソコンを選んで良かった3つの理由

「パソコンって、どれを選べばいいの?」

前に友人からそんな相談をされたことがあります。
PCはいろんなメーカーが出していますから、始めて買う人は迷いますよね。
僕はその時、自分でも使っているBTOのパソコンを薦めました。

まずBTOとは「Build to Order」(受注生産)のこと。
こんな用途でPCを使うからこれくらいの性能のPCが欲しい。
これこれなパーツで作って~と注文すると組み立てて送ってくれます。

いきなりPCを自作、というのはPCが詳しくない人にはハードルが高いですよね。
そんな人でも簡単にカスタムPCが手に入るんです。

 

今回は僕がBTOのPCをおすすめする理由を紹介します。
デスクトップPCってどれがいいんだろ?という方は参考にしてください。

結論を言うとBTOのメリットとしては

  • 用途にあったPCが手に入る
  • ベースのものから細部をさらにカスタムできる
  • 初心者でもスタッフが相談に乗ってくれる

というものがあります。

目次

用途にあったPCが手に入る

BTOパソコンのショップには、用途にあったPCが用意されています。
家電量販店で売っている万人向けのメーカー製より、自分の使い方に合うベストなPCを選びたいという方に向いているんです。

たとえば

  • 動画編集をする
  • イラスト制作をする
  • PCゲームをしたりプロゲーマーを目指す
  • 音楽を作る
  • 3DCG
  • レタッチ
  • CAD

など、専門分野に適したPCを選択することができます。

 

ベースのものから細部をさらにカスタムできる

BTOパソコンの選び方としては用意されているベースのものを選んだり、先ほどの用途に合ったモデルを選ぶというのがあります。
さらにそこから一部のパーツを良くしたい、という場合にそのパーツを変更することができます。

  • ハードディスク、SSDの容量を増やしたい
  • メモリを増やしたい
  • CPUをグレードアップしたい

など自由なカスタムが可能です。
量販店に売っているPCは固定のスペックで細かい注文をつけることはできません。
BTOは注文をしたらスタッフがそのパーツで組み立ててくれますからね。

保証サービスやセキュリティソフトの使用。
オフィスソフトのオプションなども変更ができます。

初心者でもスタッフが相談に乗ってくれる

「PCに詳しくない」「細かい仕様がわからない」という方に向けて、BTOショップではスタッフがPCの相談に乗ってくれます。

僕自身も最初はPCのことに詳しくありませんでした。
パーツの種類やモデルを見ても、性能が良いのか悪いのかわからない。
自分はイラスト制作用のPCが欲しかったのですが、どうすれば良いのか全くわかりません。

そんな時、BTOショップのスタッフさんに聞いてみると、とても丁寧に1から教えていただくことができました。

  • ソフトはPhotoshopやCLIP STUDIO
  • 液タブを使う
  • モニターは3台

など仕様環境を話してみると、推奨のメモリや電源・パーツを選んでくれました。
そして自分だけのオリジナルなカスタムPCを組み立ててもらったんです。

 

僕は実店舗のショップで相談しましたが、オンラインで相談ができるショップもあります。

例えばFRONTIERはメール相談ができますね。

PCに詳しくなかった僕ですが、スタッフの方に説明していただきPCのことを知ることもできました。
その知識のおかげで、今では自分でパーツを選び交換ができるようになっています。

BTOパソコンまとめ

BTOのメリットとしては

  • 用途にあったPCが手に入る
  • ベースのものから細部をさらにカスタムできる
  • 初心者でもスタッフが相談に乗ってくれる

というものがあります。

「自作みたいで難しいかも?」と最初は思ったのですが、スタッフさんが相談に乗ってくださったことで自分だけのカスタムPCが簡単に手に入ったんです。

自分でパーツを選べる自由度、性能や価格を調整できたりする、そんな魅力があるBTOパソコン。
すごく簡単なので、理想のPCを手に入れたい人にはぜひおすすめです。
メーカー品よりワンランク上のPCを選んでみてはどうでしょうか?

 

BTOパソコンが注文できるショップ

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる