PCメガネは効果あるの?どこで買う?PCメガネの効果と店別の比較まとめ

先日、新しいPCメガネを買いました。
買う前に3つのメガネ店(JINS、Zoff、オンデーズ)に行き、どこでどれを買おうかな~と悩みました。
結果、オンデーズで買いました。

パソコンやスマホをよく使う人におすすめなPCメガネ。
ですが、PCメガネを使ってない人にはPCメガネって効果あるの?必要?という人もいますよね。
これから買おうとしている人には、どこのお店が良いんだろう?という人もいるでしょう。

今回はPCメガネ使ったほうが良いよ、こんなメリットがあるよという話と、メガネ店によって違うPCメガネ・PCレンズの特徴を説明します。

PCメガネの利点

PCメガネはブルーライトカットメガネブルーライトカットレンズなどでも呼ばれます。
スマホやPCの液晶画面からはブルーライトと呼ばれる強い光が出ていて、それが目が疲れる原因になります。
ブルーライトカットメガネはそれを防いでくれます。
メーカーや種類によって違いますが、30%や50%のブルーライトカットをしてくれます。

普段メガネを使っている人

普段メガネを使っている人は、メガネ屋さんで新しいメガネを買う時やレンズを変える時に、ブルーライトカットのレンズに変えてもらうと良いです。
大抵のメガネ屋さんはやってるはずです。
ない場合はこのあと説明するお店を見てみてください。

メガネをかけていない人

メガネをかけていない人も、長時間画面を見る時は度が入ってないブルーライトカットメガネを使うと良いです。

僕も度が入ってない伊達メガネのブルーライトカットメガネです。
メガネ屋さんで普通のフレームに度が入ってないブルーライトカットレンズをつけてもらいました

効果あるの?

ブルーライトカットメガネに関して、ホントに効果あるの?と疑う人もいるかもしれません。
僕は実際に、かけない日とかける日で1日PC作業をしてみました。
液晶タブレットで漫画を描いたり、文章書きを同じ時間行った結果。
自分の体感では、かけた方が圧倒的に目が疲れなかったです。

 

お店ごとの特徴

メガネは自分にフィットする、しないがあるので実際に3つの店を見に行きました。

  • JINS
  • Zoff
  • オンデーズ

の3箇所です。
それぞれのPCメガネ・レンズの特徴を紹介します。

 

JINS

500店舗以上のお店があるJINS。
ショッピングモールや駅の近くの商業施設によく入っています。
ブルーライトカット率は13%/25%/40%/60%といろんな種類があります。
フレーム+レンズセットの値段に加えて+5000円でPCレンズに出来ます。
+5000円なのは他のお店より少し高いですね。

Zoff

200以上の店舗があるZoff。
こちらもイオンなどショッピングモールによく入っています。
フレーム+レンズセットの値段に加えて+3000円でPCレンズにできます。

Zoffのレンズはクリアレンズでブルーライトカット率50%です。
クリアレンズというのは透明に近いレンズです。
ブラウンの色が入っているとブルーライトカット率が高くなりますが、Zoffはクリアレンズで50%カットと書いてありました。
しかし実際にかけてみるとクリアでは無かったですね、黄色っぽい色でした。
フレームと度なしレンズがセットで5000円のパッケージタイプもあります。

オンデーズ

120以上の店舗があるオンデーズ。
ブルーライトカット率はクリアレンズで30%カット、ブラウン40%。
度が入っている場合はフレーム+レンズセットの値段に加えて+3000円でPCレンズにできますが、度なしのクリアレンズだと0円で出来ます。

チャットサポートがあってWEBサイトを訪れると気軽にチャットで質問できます。

各店舗比較まとめ

まとめるとこんな感じです。

お店 ブルーライトカット率 値段 店舗
JINS 13%~60%カット +5000円 500店舗以上
Zoff 50%カット +3000円 200店舗以上
オンデーズ 30%~40%カット +0円(3000円) 120店舗以上

 

店舗数が多いと行きやすくて良いですね。
JINSとZoffは僕の近くにもあるんですがオンデーズはありません。

オンデーズで購入

ブルーライトカット率やデザイン、つけ心地フィット感、重くないかなど考慮した結果。
僕は今回はオンデーズで購入しました。
注文はオンラインショップでしました。
ブルーライトカット率は30%、かなりクリアに近いレンズです。

保証も充実しているので安心感があります。
気になる方はオンデーズのWebサイトを見てみてください。

PCメガネを買う前に注意してほしいこと

カット率が高ければいいというわけでもない

Zoffの50%カットもいいなと思ったんですけど、カット率が高ければいいというわけでもないんですよね。
実際につけてみるとけっこう黄色っぽい色で、かけていて少し違和感を感じました。
あと人によっては疲れる場合があるという話を聞きました。

PCでイラストを描く人は

カラーイラストを描いている時とか色味が変わってしまうので、PCでイラスト描かれる方は実際にかけてみて大丈夫か確認してください。

僕の場合は液晶タブレットで絵を描くのに下を向くんですけど、その場合はハーフリム(下部分のフレームがないもの)が良いです。
黒くて太いフレームとかは邪魔になっちゃいますので、絵を描く人は気にしてみてください。

すぐには手に入らない

オンデーズの場合、PCレンズは取り寄せになるからすぐは手に入らないと言われました。
普通の度付きメガネだと早いと20分くらいで作ってもらえるんですけど、PCレンズは一旦取り寄せして作るらしいです。
なので後で取りに来たり、送ってもらう必要があります。
Zoffの場合は当日手に入ると言われました。

僕はオンラインストアで注文して送ってもらいました。
度付きのが欲しい人はお店でちゃんと計測して作るのがいいですけど、度なしなら気軽に注文できますね。

ただオンラインストアに在庫が無いことも結構あります。
僕が買ったモデルは(黒 赤 グレー クリア)の4種類あってグレーを購入しましたが、黒と赤は売り切れでした。
再入荷の予定は未定らしいです。

 

まとめ

以上、PCメガネのメリットと店別比較まとめ、オンデーズで買ったよという話でした。
PC作業の時に使っていますが、軽いしとてもいいです。
PCメガネが気になる方、買おうと思っている方はぜひ参考にしてください。

もちろんJINSやZoff、その他のお店で自分にあうデザインのものに出会うこともあります。
実際にお店でかけてみて決めるといいです。

あと面白いなと思ったのがオンデーズのことをTwitterでつぶやくとスタッフの方からいいねされます。
「Zoffとオンデーズどっちで買おうかな」とつぶやいたら、オンデーズの方からいいねされました。
それで決めるわけではないけど、エゴサしてるのが面白いなってなりました。

PCメガネで目を守っていきましょう。
ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください