アーロンチェアとシルフィーどちらのオフィスチェアを買うべき?

「アーロンチェア」と「オカムラのシルフィー」どっちを買うのがいい?という質問がありました。
今回は、僕が2つのオフィスチェアを使った経験からこっちが良いかな!という椅子を紹介します。

結論から言うと、お金に余裕があるならアーロンチェアが良いです。

かといってシルフィーが悪いというわけではありません。
価格差が倍だし性能に違いがあるのは当然では?という意見もあるかと思いますが、多角的に見た比較をしますので、自分にあったものを選択してください。

なおアーロンチェアは使用1年目(現在使用中)シルフィーは3年以上使いました。

アーロンチェアとは

アーロンチェアとは、アメリカの家具メーカー「ハーマンミラー」が生み出したオフィスチェア。
昔はアーロンチェアのクラシック版が販売されていましたが、現在はリマスタード版となっています。
「現代の仕事と働く人々のために、人間工学、機能、人体測定学、環境においてリマスタードされたアーロンチェア」と言われているオフィスチェアです。

価格は約20万円ですが、アームレストが無いアーロンチェアライト(約11万円)などもリリースされています。

 

アーロンチェアの良いポイントは

  • すごくしっかりしている
  • メッシュ生地が自分の体を支えてくれる安心感があり、通気性もあり
  • ポスチャーフィットや前傾姿勢の設定で集中できる正しい姿勢になる
  • デスクワークをする人に向いている
  • 買って良かったという感想

 

気になるポイントは

  • ヘッドレストが無い(公式で無いが売っているメーカーもある)
  • リラックス用には不向き
  • 価格は20万円以上ただし12年保証(年間約17000円)

という感想です。

 

アームレストが無い廉価版のアーロンチェア、アーロンチェアライトもあります。
前傾機能もありませんが、ギターを引く人などアームレストが無い方が良いという方に向いています。

 

レビューはこちら

 以前オカムラの「シルフィー」というオフィスチェアを紹介いたしました。 素晴らしい椅子だったのですが、座面の高さを変えるガス圧が無くなってしまい、一番低い位置でしか座れなくなりました。ガスシリンダーを交換すれば使えるのですが、ランバーサポート(腰当て)やアームレスト(腕置き)も壊れていたんですよね。それならいっそのこと「新しい椅子を買うか!」と考え「どうせならあのアーロンチェアを買おう!」と思い購入いたしました。購入したのはアーロンチェアリマスタードのミディアムサイズで価格は205700円でし...

オカムラのシルフィーとは

IMG_20160628_152705

日本のメーカー・オカムラが制作したオフィスチェア。
オカムラはいくつものオフィスチェアを販売していますが特に人気なのがこのシルフィーです。
背面はクッションとメッシュが選択できて、カラーもブラック、オレンジ、グリーン、レッドなど複数種類があります。
価格は約10万円です。

 

シルフィーの良いポイントは

これ、すごく快適。特に良いと思うポイントは

  • 腰当てのランバーサポートがあるので姿勢も正される。
  • 座面の前後をずらして調整できる。
  • 背もたれの倒れる硬さも調整可能。
  • 前傾姿勢にもできるので前傾作業をする場合は嬉しい。
  • 腰が痛くない。

といった点が素敵。

 

気になるポイントは

  • 座面はクッションのみ
  • ヘッドレストは固定
  • 使っていたらランバーサポートが壊れた(2回)
  • アームレストの内部が割れて亀裂が入った。
  • ガス圧が3年と少しで無くなった

というものがあります。

なおアームレストの破損は他の方からも報告がありました。

 

レビューはこちら

毎日イスに座りっぱなしな漫画家の僕ですが、先日新しい椅子を購入しました。 選んだのは高級オフィスチェアメーカー「オカムラ」が制作しているSylphy(シルフィー)というオフィスチェアです。お値段は約8万円。椅子に8万円かぁ…と思っていたのですが…結論から言うと、購入してすごく良かった!なので紹介しますね。オフィスチェアってどれがいいか悩んでる。 オカムラのシルフィーってどうなの?という人の参考になれば嬉しいです。 オカムラ オフィスチェア シルフィ― エキストラハイバック メッシュ アジャストアーム アルミ脚 ブラ...

 

アーロンチェアとシルフィーを比較してみた

アーロンチェアとシルフィーの比較をいたします。

  シルフィー アーロンチェア
製造メーカー オカムラ(日本) ハーマンミラー(米国)
サイズ 1種類 ABCの3サイズ
フレーム色 黒/白のフレーム フレーム種類は複数
背面 クッション/メッシュ・カラーは複数 メッシュ
座面 クッション・カラーは複数 メッシュ
アームレスト あり・薄い あり・厚い
ヘッドレスト あり・固定 なし
ランバーサポート あり・脆い あり・硬さ変更可能
前傾モード あり あり
保証期間 3年 12年
価格 約10万円 約20万円

 

アーロンチェアは3サイズから体格に合ったものが選べます。
シルフィーはカラーが豊富でオレンジやブルーグリーンなど明るい色もあります。

座面はアーロンチェアがメッシュ、シルフィーがクッションとなっています。
これは好みになりますが、僕はメッシュの方が座り心地が良いと感じました。
また通気性が良いので暑い夏でも苦になりません。

アームレストはアーロンチェアの方が分厚くクッション性があり安定しています。
ヘッドレストはシルフィーにはありますがアーロンチェアは無し。
ただし非公式ながら販売しているメーカーがあります。

シルフィーのランバーサポートは普通に使っていても割れて、新品に交換後も割れました。
アーロンチェアのランバーサポート(ポスチャーフィット)はしっかりと支えてくれます。

どちらも前傾モードがあり、集中した作業ができます。

価格に関しては倍の差があります。
シルフィーが10万円でアーロンチェアが20万円。
保証期間はシルフィー3年でアーロンチェアが12年です。

「アーロンチェア」と「オカムラのシルフィー」どっちを買うのがいい?

いろいろと比較しましたが、僕は実際に使ってみてアーロンチェアが良いなと感じています。

すごくしっかりしているし、メッシュ生地の通気性が良いです。
あぐらをかいたり、リラックスに向いているとは言えません。
デスクワークをするのならばアーロンチェアは非常に適している椅子です。

シルフィーは3年以上お世話になり感謝しているのですが、アームレスト内部の破損、ランバーサポートの2度の破損、ガス圧切れを経験しているので少々マイナス評価になってしまいます。
高さを変えるガス圧はアーロンチェアでもそのうち切れるとは思いますが、一番低い位置でも十分の高さでした。

 

なのでお金に余裕があるならアーロンチェアです。
仮に僕が椅子を持っていない状態で

  • シルフィー1台と10万円
  • アーロンチェア1台

のどちらか貰えるというのならアーロンチェアを選びますね。

 

もちろんシルフィーも使えます。
シルフィーを使う場合は、アームレストの使用に注意して、ランバーサポート無しでの使用をおすすめします。

 

各椅子のレビューでも言ったのですが、良いオフィチェアは高額です。
正直椅子に10万とか20万とか高くね?と僕自身思っていました。
けど快適な作業環境を作るための投資だ!と思い切って買いました。
その結果、良かったなと思いました。

「買ったのは椅子、だけど得られたのは快適な環境」なんですよね。

自分に合わない椅子に座り続けると体を痛めて仕事どころじゃなくなります。
それならば快適な椅子でより良い仕事をすれば、支払った額以上の価値があります。
僕自身も安い椅子で腰を痛めて辛い思いをした経験があります。
ですのでこれから椅子を買おうという方には、体を壊さないように良い椅子で健康な環境を手に入れて欲しいです。

 

 

 

 

 

この記事をシェアしてみる↓

2 件のコメント

  • コメントする(名前等無くてもok♪)