オフィスチェアに37万円かけてきた僕がオススメする3つの椅子

僕は今までいくつものオフィチェアを買ってきました。
ホームセンターの安いもの、ネット通販で適当に選んだもの、値段が高めの高級オフィチェアなど総額37万円分ほど購入しています。
そんな僕が今までに試座したり購入して使った中で、これは良いと思ったオフィスチェアを紹介します。
オフィスチェアを買おうと思うけど、どれがいいの?という人は参考にしてください。

なお現在ではアーロンチェアを使っています。

目次

vertebra

まず最初はITOKIのvertebra(バーテブラ)という椅子です。
価格は57000円ほど。
試しに座ってみると「あれ?良いぞこの感覚」となりました。

バーテブラの特徴として、背もたれが体に合わせて傾き、座面も体に合わせて前に動いてくれるんです。
座面のクッションは分厚いわけではありませんが、底の硬さは感じません。
硬すぎず柔らかすぎず、ほどよい感触で安心して座れる信頼感があります。

さらに驚いた部分がありました。
一般的なオフィスチェアは座面の下に高さを変えるレバーがありますが、バーテブラには無いのです。
高さはどうやって変えるのか、というと右手を置く部分の先端にうっすらと隙間が。
そう、この部分が回せるようになっており、回すと高さを変えられるという作りになっています。
あからさまなレバーではなく、椅子に同化している隠し技のようなレバーは無駄のないスリムな見た目で美しいです。

デメリットとしては他のオフィスチェアと比べて

  • アームレスト(腕置き)が細い
  • 背もたれが小さめ

という点があります。

ですが余計なパーツが無くスタイリッシュ。
価格もお手頃なオフィスチェアです。

 

カラーリングも豊富なので、部屋に合わせたり、好みの色を選ぶことができます。

タイプは4本脚タイプと5本脚(キャスター)タイプがありましたが、食事のテーブルなら4本脚、デスクワークなら5本脚タイプがいいなと座ってみて思いました。

価格は57000円ほどのこちらのバーテブラ。
様々なタイプと色が選べるスマートな椅子で、快適な座り心地の環境を手に入れられます。

 

 

シルフィー

続いては高級オフィスチェアメーカー「オカムラ」が制作しているSylphy(シルフィー)というオフィスチェアです。
お値段は約10万円。
この椅子は長く使っていました。

IMG_20160628_152721

背もたれが大きく、背中を支えてくれます。
座面は厚みのあるクッションでカラーリングも豊富。
ヘッドレスト(背もたれの上にセットして、頭を支えられるパーツ)もあるので、寄りかかると背中と一緒に後頭部を支えてくれます。

 

デメリットとして

  • オプションのランバーサポート(腰を押さえてくれるパーツ)が壊れやすい。
  • アームレスト内部に亀裂が入る。

という点があります。

 

ですが座面の前後をずらして調整できたり、背もたれの倒れる硬さも調整可能。
前傾姿勢モードにもできるので、作業に集中したい時は有効な機能付きです。

最初は椅子に10万円か高いなぁ…と思ったのですが、買って使ってみると「これは良い」と感じました。
安い椅子とは違って腰が痛くないし作業がはかどります。
たまに休憩したい時も、大きめの背もたれとヘッドレストが体を支えて癒やしてくれます。
快適な環境への投資としてはいい買い物でした。

 

毎日イスに座りっぱなしな漫画家の僕ですが、先日新しい椅子を購入しました。 選んだのは高級オフィスチェアメーカー「オカムラ」が制作しているSylphy(シルフィー)というオフィスチェアです。お値段は約8万円。椅子に8万円かぁ…と思っていたのですが…結論から言うと、購入してすごく良かった!なので紹介しますね。オフィスチェアってどれがいいか悩んでる。 オカムラのシルフィーってどうなの?という人の参考になれば嬉しいです。 オカムラ オフィスチェア シルフィ― エキストラハイバック メッシュ アジャストアーム アルミ脚 ブラ...

 

 

アーロンチェア

続いてはアメリカのハーマンミラーが製作したオフィスチェアアーロンチェアリマスタード ミディアムサイズを紹介します。
価格は205700円でした。
椅子に20万ってどうなんだ!?」と思いましたが思い切って購入。
この椅子は「すご~くしっかりしている椅子」という感想です。

 

アーロンチェアの座面と背もたれはメッシュになっています。
メッシュはクッションとは違って向こう側が見えるほど薄いですが、このメッシュを触ってみると固くしっかりと反発します。
このメッシュには見た目以上に力強い支え力があり、座面の下は空間になっているので、空中に座っているような状態です。

また夏の暑い日にクッション生地は蒸れることもありますが、メッシュ生地は通気性が優れているので快適です。

アームレストは分厚く安心して手をおけるクッション性のアームレスト。
他にも「ポスチャーフィット」という仙骨と腰部を後ろから押してサポートし、健康的な着座姿勢を促すパーツがあったり、リクライニングの硬さを調整できたり、前傾姿勢モードにすることが可能です。

 

デメリットとしては

  • ヘッドレストが無い
  • リラックスには不向き
  • 値段が高い

という点があります。

ですがアーロンチェアはすごくしっかりした作りで、自分の体を支えてくれる安心感があります。
20万円超えという高額な椅子にはなりますが、保証期間も12年と長く、こういった面の安心感もありますね。
また、お値段が半額のアーロンチェアライトというモデルもあります。

 

 以前オカムラの「シルフィー」というオフィスチェアを紹介いたしました。 素晴らしい椅子だったのですが、座面の高さを変えるガス圧が無くなってしまい、一番低い位置でしか座れなくなりました。ガスシリンダーを交換すれば使えるのですが、ランバーサポート(腰当て)やアームレスト(腕置き)も壊れていたんですよね。それならいっそのこと「新しい椅子を買うか!」と考え「どうせならあのアーロンチェアを買おう!」と思い購入いたしました。購入したのはアーロンチェアリマスタードのミディアムサイズで価格は205700円でし...

 

 

 

まとめ

以上3つのオフィスチェアを紹介しました。

各特徴をまとめると

バーテブラ

  • 座面と背もたれが体に合わせて動く
  • 無駄のないスッキリとしたデザイン
  • 5万7000円

 

シルフィー

  • 背もたれが大きくヘッドレストもあり、背中や頭を預けられる
  • 柔らかいクッションの座面
  • 10万円

 

アーロンチェア

  • 通気性もよく力強いメッシュが体を支えてくれる
  • 腰を後ろから押してくれる
  • 20万円(ライト11万円)

 

となっています。
僕は現在アーロンチェアを使っていますが、正直どれも良い椅子です。
それぞれの特徴を見て、自分に合うものを選ぶのが良いです。

買うのは椅子なのですが、手に入るのは快適な環境です。
僕は安い椅子を使って腰を痛めたことがありますし、痛みで作業が進まなかったりやる気が出せないということもありました。
快適な作業環境を手に入れるためには、ぜひ良い椅子を使ってください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる