ペンタブのグリップがベタベタする…改善のためにやった6つのこと

Wacomのペンタブレットは神製品なのですが、欠点があります。
それは長く使っているとペンのグリップがベタベタすること。
僕もWacom製品は板タブから液タブまで長く使っていますが、ベタベタ問題は気になっていました。
そしてグリップ問題改善のために、様々なことをやってきました。

今回はグリップベタベタ問題のために、僕がやったことを紹介します。
ペンタブレットのグリップに悩む方は参考にしてください。
なお現在は木製グリップを使うことで、快適に作業ができています。

目次

グリップの買い替え

まず最初はグリップを新しいものに買い換えるということです。
当たり前のことじゃん!と思うかもしれませんが、王道にして簡単な方法です。
ペンタブレットのグリップはペンの芯やプリンタのインクのように、消耗品と思って割り切ります。

価格は2本で1650円ほどなのでそこまで高価ではありません。
新しいものに替えてベタベタから開放される、というのがまず最初にしたことでした。

 

 

手袋を使う

グリップを買い替えても、また長く使ってるとベタつくんだよなぁ…と思った僕は手袋を使うことにしました。
手がベタベタするなら、手袋をしちゃえば気にならないんじゃないか!ということで手袋をして作業をします。

しかし問題がありました…夏は蒸れて暑い!
それに手袋をしてもベタつき感を感じます。
この方法は効果的ではありませんでした。

なお今では2本指グローブを使用しています。

 

僕は液晶タブレットで絵や漫画を描く時に、手袋を使っています。 手袋にはメリットがたくさんあるんだよね~今回は手袋を使うメリットと、どの手袋が良いのかを紹介します。結論から言うと、ナイロン製の手袋がベストでした! 手袋の良いところ液タブで手袋を使うメリットたちです。火傷防止液タブはめっちゃ熱い! 最近のモデルは熱さ対策がされているけど、昔のモデルは熱くて長く使うと火傷しそうになる。なので直接手を画面に置くより、手袋があると良いですね。 滑る手袋があることで、画面の上を手が滑って、さらさら...

テーピング

グリップがベタつくなら、その上からテーピングをしてしまえ!と思いテーピングを巻きました。
どうなったかというと、壊れかけのペンのようになり見た目がかなり悪くなりました。

誰かに見せるわけでもないし、いいや!と気にせず使っていましたが…長く使っているとテーピングが汚れます
そしてテーピングを変えるのですが、剥がした時のネチャリ方はひどくなっていました。

これもあまりおすすめしない方法です。

 

スリムペンを使う

ペン自体を変えよう!と思い立ち、通常のペンとは違うスリムペンやクラシックペンといったペンを使うことにしました。
なお旧型のモデルで使うのがクラシックペンで、新型モデルで使われるのがスリムペン(Pro Pen slim)です。

スリムペンは通常のペンより細く軽い形状になっています。
グリップ部分もサラサラという手触りで、通常のグリップとは違う劣化がしにくい作り。
価格はAmazonだと約8000円で通常のプロペン2と変わらない価格です。
スリムペンを使えばグリップの買い替えをする必要もないので、よりお得に感じますね。
ただ弾力がない分、持ち続けていたら中指が痛くなるということが僕はありました。
僕はペンを傾けて持つために負担がかかるのかもしれません。

スリムペンが合っているという方にはベストな方法です。

 

 

プニュグリップを使う

以前も記事にしたのですがコクヨ製のプニュグリップを使います。
プニュグリップは4本入りで100円~200円で売られている鉛筆用のグリップ。
ですがペンタブレットにも装着ができました。
僕はしっかりと握れたので使いやすかったです。
様々な形状や香りが違うプニュグリップがあるので好みのタイプを探すのも楽しいです。
永久に使えるというわけではなく、劣化することもありますが低価格なのでさほど気にはならないでしょう。

ただしスイッチ部分を覆ってしまうので、スイッチを多用する人には向いていません。
僕はショートカットキーやマウスとの併用をしていたので問題はありませんでした。

 

僕は漫画を描くのにCintiqという液晶タブレットを使っており、ペンは標準ペンではなくクラシックペンを使っています。 以前にクラシックペンのレビュー記事を書きましたが、今回は新しいことに挑戦してみました。それは標準ペンのグリップを市販のグリップに変えるということです。  こんな感じ! 結論から言うとめっちゃ握りやすくてすごい快適!そんなグリップを紹介します。 やる時は自己責任でお願いします。 グリップ「プニュグリップ」クツワ プニュグリップ 右手用 RB020posted with カエレバク...

木製グリップ

これがベストでした。
木製のグリップを使うことです。

木製グリップはしっかりフィットして描きやすいグリップです。
握ってみてへこむような触感は無いですが、スリムペンよりも指への負担は軽く感じます。
とても軽く、見た目もおしゃれなペンに生まれ変わりました。
黒と木の色っていう組み合わせは良いですよね、AK47のようです。

購入はCreemaというハンドメイド作品が販売できるサイトで個人から購入しました。
葉車堂さん(3700円)とmicchi-さん(6000円)のどちらも購入し、現在はmicchi-さんのグリップを使用しています。

 

木製グリップ葉車堂さん制作のプロペン2用木製グリップを購入して、装着・使用してみました!ワコムのタブレットペンは長く使っていると、経年劣化でグリップ部分がヌルヌルしてきます。その欠点を補うのが木製のペングリップです。さらにこの木製グリップは通常のものよりも軽量とのこと。気になったので早速購入いたしました。 カラーはカラーはホワイト・ブラウン・ダークの3色があります。僕はブラウンを選択。早速使ってみると……軽くて握りやすく使いやすい!これで通常グリップの劣化ヌルヌルを危惧しなくて済む!ただ若干...

 

ワコムのペンタブレットを使っている人が悩むことに「グリップの劣化」というものがあります。標準装備されているグリップは長く使っていると、ヌルヌルしたりベタベタしたりと使いにくくなるんですよね。グリップは消耗品で買い換えるしかありません。それを改善するために僕はコクヨのプニュグリップを使ったりしていました。 ですがその後、木製グリップを作っている方がいるのを知り、木製グリップを使っていました。 そして今回は、以前とは別の方から木製グリップを購入しましたので、そちらを紹介します。ワコム標準...

 

また、Wacom公式の通販サイトにもあります。
通常のグリップと比べると値段はお高いですが、使いやすくベタつきがありません。

グリップ改善まとめ

ペンタブレットのグリップベタベタ問題の解決にはいくつか方法があります。

  • グリップの買い替え
  • スリムペンを使う
  • プニュグリップ
  • 木製グリップ

の4つから自分に合いそうなものを選ぶのが良いです。
僕は木製グリップのプロペン2と、スリムペンにプニュグリップをつけたものを使っています。
ペンのグリップベタベタが気になる方は参考にしてください。

 

 

動画はこちら

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる