足の痛みを無くすためにソルボトレッキングインソールを使ってみた

先日、歩いていると足が痛くなりました。
具体的には足の裏の痛みです。
他にも痛みというほどではありませんが、足首周辺に疲労感がありました。

今までそこまで痛むことは無かったのですが、急に痛くなったんです。
何でだろうと思っていましたが「そう言えば昔も同じことがあったなぁ」「その時はどうしたんだっけ……?そうだインソールを入れ替えたら改善されたぞ」と思い出します。

考えてみると今履いているトレッキングシューズは3年ほど使っていて、インソールは一度も変えていませんでした。
この状態でこの靴を歩き続けるのは足に悪いよなぁ…ということでインソールを探した結果「トレッキング用インソール」を使ってみることにしたんです。

最近急に、歩いていると足が痛くなったという人はインソールを変えてみてください。
僕の場合は「足への衝撃が緩和される不思議な包容力」を手に入れることができました。

 

 

目次

インソール ソルボトレッキング エア

今回購入したのはインソールはこちら。

トレッキング用インソールの「ソルボトレッキング エアMサイズ」です。

トレッキング専用に開発され、歩きやすさと安定性を徹底的に追求したというこのインソール。

ソルボセインという素材が足を守ってくれるというこの商品、価格は1600円ほどです。
1600円で足の痛みが改善されるなら嬉しいと思いました。
なおサイズや販売店によって値段は違います。

開封してみるとこのような本体。

裏側はこのようになっています。

側面はこちら、指一本ほどの厚みがあります。

靴に入れてみた

開封したソルボトレッキング エアを靴に入れてみます。
僕が使っている靴はこちら。

 

「靴紐を結ぶのって面倒だな…」昔からそう思っていた。靴紐を結ぶという行為には生産性が無い、ただ時間の無駄。なんとかならないかなと考えていた。そして今ではSalomon(サロモン)のトレッキングシューズを履いている。履き心地がいいのはもちろんだが、靴紐を結ぶ必要が無いのだ。QUICKLACE(クイックレース)という機能により、紐を引っ張れば一瞬で締められる。最高に気に入っているシューズだ。今回は僕が長年履いているサロモンのトレッキングシューズを紹介する。靴紐を結ぶのが面倒という悩みを持つ人はこの靴をチェックして欲し...

 

僕は靴紐を結ぶという行為が無駄な気がして、引っ張ればOKなタイプのサロモン製トレッキングシューズを使っています。
履くのが楽だし、履き心地も良しの靴です。

古いインソールを抜き出して見比べてみました。
3年使用後という影響もあるかもしれませんが、今まで使っていたのはペラペラです。
これで衝撃を緩和できているとは思えない…

新しいインソールを入れてみましょう。
普通に靴に入れて…入れて…いや入らない!

購入したのはMサイズで、サイズ27の靴には普通に入ると思っていたんです。
けど合わないのでハサミで切ることにしました。

古いインソールに合わせてサイズを5mm削ると無事に入りました。
というか前のインソールめっちゃ汚いな。

ソルボトレッキング エアを履いてみた

ソルボトレッキング エアを装着した靴を履いてみると…
おお…下から押し上げる力がある!

柔らかいけどしっかりしたクッションがあり。
かかと部分はフィットして包み込む構造。
土踏まずの部分にアーチがあって下から支えることで、踏む時にかかる力が分散されている。

歩いてみると衝撃の緩和力が前より遥かにあり、体感では前より30%は緩和されている感覚がありました。
これは良い!

デメリット

ソルボトレッキング エアに関してデメリットというほどではありませんが、気になる点はあります。
それは、サイズがでかい!
実際ハサミで切る必要がありました。
ですが小さすぎるよりは多少大きいものを、各自で靴に合うよう調整する方がいっかと思います。

また、最初は違和感があります。
これは新しい靴を履き始めたような、新鮮さを含んだ違和感ですが、履いていれば自然と馴染むことでしょう。

トレッキング用インソールまとめ

足が痛いな~と悩んでいましたが、トレッキング用のインソールを使ってみたら衝撃が緩和されました。
山登りではまだ使っていないのですが、山で使うことがあったらまた報告いたします。
しかし悪路専用というわけではなく、普段使う分や街歩きだけでも十分効果があります。

足が痛い状態で歩くのは苦痛ですよね。
ウォーキングは健康に良いですが、足が痛いまま歩くのは悪影響です。
痛みが無い、気持ちがいい状態で日常を過ごせるようにしたいならインソールを変えるのが有効だと感じました。
歩いていて足が痛いという方は参考にしてください。

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる