少食で食べるのが遅い原因は「小学生時代のトラウマ」だった話

少食だったり、食べるのが遅いっていう方いますか?
僕はどちらも当てはまります。
昔から周りの人と比べるとあまり量を食べられません。
それに一緒に食事をしている人が食べ終わっていても、僕の料理はまだ残っているので「みんな食べるの早すぎないか?いや僕が遅いのか…?」と思ってしまうんですよね。

そんなことがずっと続いていたのですが、改めて何でだろうと考えてみたんです。
そして調査と思考を重ねた結果、食べるのが遅い理由がわかりました。
また、食べるのが遅いことが少食の原因という結論になりました。

今回は少食と食べるのが遅いことに関する小話です。
最終的には小学生時代のトラウマへと行き着きました。

目次

食べるのが遅いわけを調査した

まずは周りの人と自分の食事スタイルを調査しました。
食事の時、誰かが食べ物を口に含むのと同時に自分も口に含みます。
さり気なく対象者を見ながら食事を続けていると、あることに気が付きました。

僕は人と比べて咀嚼回数が多く、また咀嚼スピードが遅いのです。
食べ物を飲み込むまでの時間は他人と比べ約40%増し。
他の人が10秒で飲み込むなら僕は14秒かかっています。
それが積み重ねとなり、他の人よりも食べ終わるのが遅かったのです。

思い返すと、僕はアイスだけは他の人よりも食べるのが早かったんですよね。
6~7本入りの箱アイス(チョコミントが好き)は2分くらいで食べ終わりますし、パフェなども一瞬で食べ終わります。
そう、アイスやパフェなどはほとんど咀嚼することがなく、スルッと飲み込めるのです。

このことから、食べるのが遅いのは「咀嚼の回数とスピード、飲み込むまでに時間がかかること」が原因と考えられました。

少食のわけを調査した

続いて少食のわけを考えました。
これは食べるのが遅いことに繋がっていると考えられます。
そう、咀嚼の回数です。
咀嚼が多くなる、多く噛むことで神経性ヒスタミンという物質が生成され満腹中枢が活性化されるのです。
つまりよく噛んでいるから満腹だと感じるのです。

思い返すと食べ放題などに行った時、料理ではすぐに満足します。
ですがそれからアイスなどのデザートメニューを他人より多く食べていました。
アイス6玉食べて~杏仁豆腐6皿食べて~プリンを~というように、ほぼ噛まない半分飲み放題みたいなものでした。

小学生時代のトラウマを思い出す

それにしてもなぜ、ゆっくりたくさん噛んで食べているんだろうと考えました。
すると小学生時代の食事を思い出したんです。

小学生時代の思い出その1

あれは給食の時、メニューはレンコンコロッケです。
そのレンコンコロッケを食べた時、不思議な食感と音がしました。
硬い食感にガリッという音。
それはでした。

レンコンの穴に小石が入っており、おもいっきり噛んでしまったんです。
そのことから、今でもレンコンが食べられません。
コロッケもあまり好きではありません。
メンチカツは好きです。

小学生時代の思い出その2

また別の時、友人たちと中華料理店へ行った時のことです。
それぞれがラーメンを注文し、追加で頼んだチャーハンをシェアして食べていました。
そのチャーハンにあるものが入っていました。
虫の足でした。
具体的に言うとGの足です。

皆ビビってうぎゃーと叫びました。
そして店員に文句を言うと、申し訳ございませんでしたと言われ、テーブルに新しいチャーハンがやってきます。
僕は食べられませんでした。
友人たちは食べていました。
そのお店は後に潰れることになります。

今はチャーハン普通に好きです。

小学生時代の思い出その3

小学生時代、地元のお祭りの屋台の料理が腐っていました。
屋台の料理は買いません。

慎重になったのかもしれない

そんなことが小学生時代にありました。
そのために僕の体は「食事の時に意識せずとも慎重にゆっくりと噛むようになった」のだと考えています。

結果、食事に時間がかかり満腹になりやすくなったのです。
これが僕が導き出した結論です。

少食でも悪くはない

少食ではありますが悪いわけではありません。
食費がかさむことや、食べすぎで太ることが防げます。

また、健康にも良い影響があります。
僕は7年ほど前から朝ごはんも食べていませんが、朝食を食べていた時より健康になりました。
昔は年2回ほど風邪をひいていましたが、朝食を食べなくなってから1度もひかず。
夕食から翌日の昼食までに胃が休まることで体に良い影響があるようです。

食べ放題で量を食べられないことは損ですが、食べ放題に行くことはほとんどないので
まぁいいですね。

 

そんな少食と食べるのが遅いことを解明した話でした。
食事は急がず落ち着いて、適量を食べるのが良いと思います。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる