Wacomペンタブレットの「プロペン」をレビュー。買い換えるならこれ!

Wacomのペンタブレットペン「プロペンKP-503E」を購入し2週間ほど使用したのでレビューします。
結論から言うと、ペンを買い換えるならこれ良いと思う!

 

Wacomのペンタブレットペン「プロペンKP-503E」

Wacomペンタブレットのペンには、タブレットについてくる標準ペン、軽いクラシックペン、そしてプロペンと種類があります。

僕は標準ペンとクラシックペンは使いましたが、プロペンはまだ未使用でした。
今回は標準ペンが若干不調で買い替えを考え、折角なのでプロペンをチョイス。

 

箱はこんな感じ。

 

中を開けるとペンケースのようになってる。

 

開封するとペンと付属の芯9本があり、さらに先端の色がついているリングも好みの色にカスタム可能。
色はブルー以外に赤・黒・ライトグリーンが選べます。

 

メーカーの説明では

Cintiq 13HD用にデザインされたプロペン。長時間の使用にも疲れにくいプロのためのペン。ペンケース付属。

エルゴノミクスに基づき、握りやすく滑りにくいラバーグリップを採用。握ったままダブルクリックや右ボタンクリック(Windows)を操作できる2サイドスイッチ付き。

となっていますが、Cintiq 13HD以外にも対応機種は豊富。

【対応機種】
Intuos Pro、Intuos4、Intuos5、Cintiq 13HD、Cintiq 13HD touch、Cintiq 21UX(DTK-2100)、Cintiq 22HD、Cintiq 22HD touch、Cintiq 24HD、Cintiq 24HD touch、Cintiq 27HD、Cintiq 27HD touch、Cintiq Companion 2、Cintiq Companion、Cintiq Companion Hybrid

となっており自分はCintiq 21UX(DTK-2100)で使用しています。

 

プロペンを使った感想は?

使った感想を正直に言うと。

「良い…気がする」です。

僕の場合うっおーすげーー!!とまではならなかった。
けど標準ペンよりも作りがしっかりしていて持ちやすかったです。

標準ペンとプロペンどちらを選ぶかと言われたらプロペンを選びます。

クラシックペンと比べたら五分。
クラシックペンの場合はサイドボタンが取り外せないので、取り外せるところはプロペンが良いですね。
僕はサイドボタン無いほうが使いやすいです。

2サイドスイッチ(着脱不可)と書かれていますが外せます。
自己責任で行ってください。

 

他の人のレビューを見てみると

なお、Amazonのレビューを見てみると標準ペンよりプロペンの評価は断然上。

  • 筆圧の変化が緩やか、描きやすい
  • 標準ペンで描いた時のペン先の沈み具合が軽減される
  • 反応が良い、滑らか
  • 絵を書くのが楽しくなった、快適
  • 握りやすい

などのレビューが見られました。

 

デメリットは?

プロペンのデメリットとしては値段。
標準ペンより2000円高くなっています。

またペンスタンドは付属していません。
ケースの開け入れが面倒な人は、標準ペンのスタンドを使ってください。

軽さで言えばクラシックペンの方が軽いです。

 

終わりに

プロペンのレビューでした。
僕は買って良かったなぁと感じます。

もちろん自分に合うペンは人によります。
普通のボールペンでも種類があるし好みも違う。
もし標準ペンが不調という場合はプロペンを選択するのも良いと思います。

より楽しく快適な絵を描く環境が手に入るかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください