Wacom「クラシックペン」レビュー!軽くて快適で描きやすい!

現在自分はWACOMのペンタブレットのペンに「クラシックペン」を使っています。
これがすごく描きやすくて快適!三ヶ月ほど使ったのでレビューします。

P1080676

ちなみに自分はペンにテーピングをして持ちやすくしていました。(※現在は外してます)

 

目次

標準ペンとの重さ、外見の比較

まず持って思うことが超軽い!
標準のペンと比べると細くて軽いのがクラシックペンのポイント。
ちなみに重さは標準ペンが17gクラシックペンは11g!約2/3の重さです!

 

P1080678

並べて見比べるとこのような外見、上が標準ペンで下がクラシックペンです。
シャーペンで言うなら、ドクターグリップと細いシャーペンのような違いがあります。
テーピング外して写真撮れよって感じですが、ご了承ください。

 

P1080679

P1080680

標準ペンの場合、握る部分はぐにぐにとした感触のラバーです。
クラシックペンの場合は全体的にサラサラマットな手触り。
標準ペンは長く使っていたら、ラバー部分がヌルヌルしてきて困っていました。
クラシックペンのサラサラは嬉しいです。

そして描きやすい!軽い!
標準ペンだと手が疲れて痛くなることがありました。
クラシックペンは軽くて疲労が軽減されます。

 

ペンスタンド

P1080682

付属のペンスタンドは山形のスタンドがついてきます。
しかし、残念なことに開けて芯を入れておくことができません!

 

P1080683

P1080684

左が標準のスタンドです。
スタンドはクラシックペン付属のは使わず、標準のスタンドを使っています。
やっぱり芯を入れておきたいですよね。

 

P1080685

そんな軽くて描きやすい、WACOM「クラシックペン」でした。
快適にペンタブレットを使うために、ペンにもこだわりたいですよね。

それに使っているペンがもし動作不良を起こしたら困る!
そんなリスクを回避するためにも,ペンがもう一本あると心強いですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

目次
閉じる