GMOコインからメタマスクへETHを送ってみた【手数料なし】

  • URLをコピーしました!

OpenSeaでNFTアートを出品してみようと思ったので、メタマスクにイーサリアムを送ることにしました。
最初は難しいのかな?と思ったのですが、やってみたら簡単にできたので紹介します。
OpenSeaでNFTを売買したいけどイーサリアムをどうやって送るの?という方は参考にしてください。

なお今回は取引所に「GMOコイン」を選びました。
取引所からメタマスクなどのウォレットへ仮想通貨を送る時、手数料がかかったり少額はダメなど制限がある業者も存在しますが、GMOコインは手数料も制限もありません。

これから取引所の口座を開設するならGMOコインをおすすめします。

目次

GMOコインでETHを購入

まずはGMOコインでイーサリアム(ETH)を購入します。
口座開設や買い方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
【初心者でも簡単】仮想通貨を買ってみた~GMOコイン~【最短10分】 あなたは仮想通貨(暗号資産)を持っていますか? 僕はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を保有しています。 大量に持っているわけではないのですが、少量でも持...

買うまでの手順をまとめると

  1. 口座開設 メールアドレス入力/個人情報設定/スマホで書類と自分の写真撮影
  2. 現金を入金 即時入金が楽/それ以外だと口座番号を指定して入金
  3. 仮想通貨を買う 仮想通貨を選び指値・成行で買う

というものです。

GMOコインはすぐに口座開設できますし、手数料もいろいろ無料です。

GMOコインからメタマスクへETHを送る

続いてGMOコインからメタマスクへイーサリアム(ETH)を送ります。
メタマスクをインストールしてない方はインストールしてください。

メタマスク(Chrome)

メタマスク(Firefox)

 

まずはGMOコインのメニューから「入出金」の「暗号資産」を選びます。

 

ここから暗号資産を送る操作ができます。
今回はイーサリアムを選択。

 

上部メニューの「送付」を選びます。
そしてイーサリアムを送る自分のウォレットを入力するために「新しい宛先を追加する」をクリック。

送付先を登録します。
名称はわかりやすくメタマスクなどでOK。
イーサリアムアドレスは自分のウォレットアドレスを入力します。

自分のウォレットアドレスを調べるには、ブラウザの右上に(通常は)あるメタマスクのアイコンをクリック。

そしてAccount1の下にあるのが自分のアドレスです。
クリックするとクリップボードにコピーがされます。

このアドレスを送付先情報のイーサリアムアドレス欄にペーストしてください。
手入力してアドレスを間違えると、仮想通貨が消滅する可能性があるので注意。

登録するをクリックするとGMOコインで登録したメールアドレスにメールが送られてきます。
URLをクリックしましょう。

そして「認証を完了する」をクリックするとウォレットが登録されます。

 

宛先の選択に自分のウォレットが追加されました。
表示されない場合は再読み込みをします。
自分のアドレスを選択し、送るETHの量を入力します。

送るための最低数は0.1ETHですが、全額送金なら制限はありません。
0.01ETHだけでも送れました。

その後「SMSで2段階認証コードを受け取る」をクリックするとコードが送られてきます。
コードを入力すると。

最終確認がされるので実行をします。

メタマスクを見てみると無事に送れています。
始めての時はホッとしました。

GMOコインからメタマスクへETHを送るまとめ

仮想通貨取引所によっては、送る最低量が設定されていたり、手数料がかかる業者もあります。
ですがGMOコインは制限がなく、手数料も無いので凄くいいです。
NFTの売買をする方にとってはオススメの取引所ですね。

GMOコイン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる