NFTアートって何?超わかりやすく説明します【儲かる?】

  • URLをコピーしました!

NFTって最近聞くけど何なの?怪しいの?儲かるの?
そんな方に向けて、難しい言葉を使わず超簡単に説明をします。

僕自身も最初はNFTのことがよくわかりませんでした。
ですが自分でもNFTアートをやってみようと思い、調べたり準備をしたりしているうちに「これは面白い技術だ!」と驚きました。
「NFTに興味がある」「買ってみたい、売ってみたい」「投資したい」という方は参考にしてください。

 

目次

NFTとは?

NFTとはノンファンジブルトークンの略で非代替性トークン(同じものがない、替えの効かないもの)です。
書店で売っている本と、作者のサインが入った世界に1つの本のような違いがあります。

NFTでアートを販売するってどういうこと?と思うかもしれません。
簡単に言うと、オンライン上で「デジタルアートの所有証明書」を売買します。
Web上にある絵や写真などはいくらでも複製が可能ですが「その絵に対してたった1人の正式な所有者になれる権利」を売買することができます。

著作権は絵の作者に帰属しますが、絵を買った人というライセンスです。

美術館を例に

美術館を例にします。

絵の作者が美術館に絵を売ります。
これにより美術館が絵の所有をします。
美術館に来た人は誰でも絵を見ることができますし、絵の写真を撮ったり、絵のポストカードなどが売られれば擬似的な絵の複製を手に入れられます。

ですが本物の絵は美術館が所有します。

そして美術館は絵を他の美術館に転売することもできます。
これにより絵の所有権が移ります。
NFTアートでも絵の転売が可能で、デジタル上で転売のやりとりを行い所有権が移ります。

作者にも利益が還元される

オークションで絵画に高い値段がつけられたというニュースを聞くことがあります。
ですが、現実でいくら高額で絵が転売されても作者には還元されません。
そもそも昔の画家は亡くなっていたりしますし、作者の死後に評価されたり今後作品は増えないから価値が高まるというものです。
儲かるのは作者でなく画商でした。

一方NFTでは作者にも還元がされます。
NFTアートが転売されたら、作者にも価格の10%が支払われるなど、作者が設定した割合で還元がされます。
取引データが残るというブロックチェーンの技術によるものですね。

NFTの種類

NFTはアート作品だけではありません。
文章や音楽、トレーディングカード、ゲームなど様々なデジタルデータが存在します。
TwitterのCEOジャック・ドーシーの初ツイートが3億円で落札されたりもしました。

価値があると感じる人が多いなら、高額で取引される可能性を秘めているのがNFTです。
有名な人なら音楽や文章に価値がつくとは思います。
知名度が無い人が始めるなら、視覚的に一瞬で見られるアートは適しているな~とは思います。

 

NFT投資で儲かる?

NFTで儲ける方法としては「NFTの出品」と「投資(転売)」があります。
まずは投資の分野に関してです。

NFT投資で儲けることができるのか、というと場合によりますよね。
当たり前だけど買った値段より高く買う人がいれば儲かります。
絵画も株も骨董品も高級車もPS5もそうです。

落描きみたいな現代アートの価値がわからない、ベートーベンの髪の毛が480万円で落札って高くない?と思う人はいると思います(僕も思います)
けど価値を感じている人がいたり「今後価値が上がって高く売れるぞ」と思う方がいるなら価値が生まれます。
なので「今後値上がりする可能性を感じるNFT」を買っておくのはありだと思います。

また、取引はETH(イーサリアム)という仮想通貨で行います。
イーサリアム自体も価格変動があるので、イーサリアムの価値が上がれば相対的に所持しているNFTの価値も上がりますね。
逆に下る可能性もありますが。

あと、僕の予想だとマーケティング系のNFT投資家が増えそうです。
可能性を感じるアーティストの絵を買って、この人は凄いとプッシュして、皆が買うようになって価値を高めて売り払うという人たちです。
これから来そうなNFTを(買っておいて)紹介するNFTアナリスト系インフルエンサーとかめっちゃ儲かりそうですね。

NFTを出品するといい人

アーティストや自分の作品を持っている人なら、とりあえずやってみると良いんじゃないかなと思います。
NFTアートには石の絵やドット絵、猿の絵に数億円という値段がついたりしているものもありますから、
売れる可能性を秘めています。

有名じゃないイラストレーターでも、何か大きな仕事をしたことで有名になりNFTアートの価値がぐんと上がるかもしれません。
擬似的な株みたいなものですね。
インサイダーで儲ける人もいそうだな。

あと地下アイドルとかどうでしょう。
地下アイドルの写真などをNFTで販売して応援するドルオタが買って支援する。
もし有名になってメジャーデビューしたら価値が上がり、金銭的なリターンもあります。
ドルオタな方には金銭が理由で応援するんじゃない、と言われるかもしれませんが。

これから可能性がある人を買ってみんなで応援するというムーブメントができれば、面白くていいなと思います。

NFTはどこで取引する?

NFTの取引ができる場所はいくつかありますが、一番有名なのがOpenSea。
月に何千億円も取引されている販売所です。

買ったり売ったりするのに必要なのが仮想通貨イーサリアム。
現金をイーサリアムに変えて購入します。

イーサリアムを買えるのが

などの取引所です。
ちなみに仮想通貨取引所の口座は開設も維持費も無料です。

ここで買ったイーサリアムをメタマスクという財布アプリ(のようなもの)に入れて、OpenSeaで買い物をするという流れですね。

仮想通貨取引所でイーサリアム買う→メタマスクに移す→OpenSeaで買い物

若干手間はかかるので参入障壁になってると思います。

かかる費用は?

仮想通貨取引所の口座は開設も維持費も無料です。
ただイーサリアムを買うのに手数料がかかる場合があります。

メタマスクに送るのにコインチェックは若干の手数料(イーサリアムで払う)がかかります。
GMOコイン・DMM Bitcoinは無料(送る最低単位があり)

また、OpenSeaで買い物するのにガス代という若干の手数料がかかります。

自分で作成したNFTを売る場合は、最初の販売時に費用が必要で、その後は基本かかりません。
オークション形式で販売する設定だと必要になります。

まとめ

NFTに関して超簡単に説明しました。
僕も参加するために準備中です。
可能性を感じるテクノロジーだと思います。

これから値上がりしそうなアーティストの作品を買っておくと、思わぬ高額な作品になるかもしれません。
(超失礼ながら)石の絵やドット絵に数億円という値段がついたりしていますから。
日本のアーティストの方も、世界で意外な評価をもらえるかもしれません。

 

GMOコイン

DMM Bitcoin

コインチェック

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる