【初心者でも簡単】仮想通貨を買ってみた~GMOコイン~【最短10分】

  • URLをコピーしました!

あなたは仮想通貨(暗号資産)を持っていますか?
僕はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を保有しています。
大量に持っているわけではないのですが、少量でも持っていると値上がりを見た時にワクワクするんですよね。
そんな僕ですが、最初は「興味はあるけど難しそう」「ちゃんと買えるのかな」と不安に思っていました。
ですが実際にやってみると、驚くほど簡単に買えたんです。

最近はビットコインが値上がりした等のニュースを見にすることも多いです。
そこで今回は「これから価格が上がるかもしれない仮想通貨に投資をしたい」という方に向けて、初心者でも簡単に買う方法を紹介します。

仮想通貨を買ってみたいは参考にしてください。
仮想通貨の取引所はいくつかあるのですが、今回はGMOコインで購入をします。

口座の開設や維持費は無料です。
投資はリスク等を理解し余剰資金で行ってください。
目次

GMOコインのメリット

まず今回利用するGMOコインに関してです。
GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットグループが提供しているサービスなので、万全なセキュリティ管理の下で安心して取引ができます。
また、入金や出金など各種の手数料が0円となっています。

「口座の開設には書類を送ったり時間がかかるんじゃないか?」と思う方がいるかもしれません。
GMOコインは最短10分で取引が開始できます。
僕が口座開設をした時もすぐにできました。

取り扱っている仮想通貨の数も、ビットコインやイーサリアムをはじめ20種類と豊富なんです。

 

NFTにおすすめ

そして個人的に良い!と思ったのがNFTの取引用にイーサリアム(ETH)を送る手数料が無料ということです。
NFTって何?という方に簡単に説明すると、デジタルアートの売買などを行います。
NFTの販売サイトではイーサリアムで取引を行うため、一度イーサリアムを購入し外部のウォレット(仮想通貨用の財布)に送る必要があります。
他の取引所では送る際に手数料がかかったり、最低0.1ETH送るなど制約があったりしますが、GMOコインは少量でも無料で送れます。
少量の場合は保有している全額を送る必要がありますが、0.01ETHだけ持ってるけど送りたい…という時でも気軽に送れるのがGMOコインの凄いところだなぁと思います。

GMOコインのメリットまとめ

  • GMOの安心セキュリティ
  • 手数料がいろいろと無料
  • 最短10分で取引開始ができる
  • 取り扱っている仮想通貨が豊富
  • 少量のETHでも手数料なしで送れる

GMOコインの口座開設してみた

実際にGMOコインで仮想通貨を買ってみました。
まずはGMOコインの口座を開設しますので、スマホと身分証明書を用意してください。
僕は最初PCで操作&スマホで写真を送る、という手順でした。

GMOコインにアクセスして「いますぐ口座開設」をクリックします。

ここからは流れに沿って口座を開設します。
メールアドレスを設定するとGMOコインからメールが届くので、URLをクリックしてパスワードの設定を行います。
その後ログインをするので電話番号の登録と2段階認証の設定を行います。

ログイン後にお客様情報とお取引に関する情報を登録。
続いて本人確認手続きを行います。
本人確認手続きには「本人確認書類の画像をアップロードする方法」もありますが、より手軽な「かんたん本人確認」で行いました。

「かんたん本人確認」はスマホで「本人確認の書類」と「自分自身の写真」を撮影するという方法です。
かんたん本人確認を選択するとPC画面にQRコードが表示されました。
スマホでQRコードを読み込むと本人確認手続きの画面が表示されるので、書類と自分の写真を撮影します。
自撮りをする時は部屋の白い壁を背にしてやりました。
スマホ画面に指示が出るので難しいことはありませんが、僕は自撮り写真で一度撮り直しになりました。

 

本人確認書類は

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

といったものが使えます。
僕はマイナンバーカードで行いました。

本人確認が完了すると「口座開設コード」が送られてきます。
このコードを入力して取引が開始できます。

僕が少しもたついたのもありますが、コードが送られるまで16分でした。

GMOコインへ入金

口座開設が完了したので取引が開始できます。

まずは日本円の入金をします。
左メニューから入出金→日本円を選択。

すると入出金画面になります。
入金方法は即時入金と振込入金があります。

即時入金

どちらの方法でもやってみました。
即時入金は入金する銀行を選択します。
今回は楽天銀行でやってみました。

入金額を設定して入金開始をクリックすると楽天銀行へ飛びました。
ログインして入金手続きを行うとすぐに入金されました、簡単です。

振込入金

振込入金の方は、指定された口座へ入金手続きを行うというもの。

難しいことはありませんが、即時入金の方がだいぶ楽ですね。
即時入金ができるなら、そちらの金融機関を選ぶのが良いです。

GMOコインで仮想通貨を買ってみた

いよいよ取引開始です。
左のメニューから取引所か販売所を選びます。

取引所と販売所

仮想通貨を買う方法ですが「取引所」と「販売所」があります。
「取引所」はユーザー同士でやりとりをする場所。
「販売所」はGMOコインなど業者とやりとりをする場所です。

販売所で買う場合は手数料がかかります。
同じ時間でどれほど価格に違いがあるかと言うと

取引所(ユーザー同士)は

販売所(業者)は

という価格差があります。
1イーサリアムを購入するのに5000円ほどの差が。
ビットコインやイーサリアムなどメジャーな仮想通貨を買うなら、安く買える取引所で大丈夫です。
しかし、取引所で扱っているのは9銘柄。
それ以外の銘柄を買うならば販売所で購入をします。

それでは買ってみます。
現在1ビットコイン(BTC)を買おうとすると400万円~500万円などします。
いきなりそんなに購入するのは心配ですが、0.01BTCなどもっと少ない単位でも買えます。

右の欄から取引する仮想通貨の種類を選べます。
今回はイーサリアムを買いました。

指値と成行

買う方法には「指値」と「成行」があります。
株を買ったことがある人はわかると思います。

「指値」は指定した金額を申し込む方法です。
この金額で買いたい、この金額で売りたいという人をマッチングさせて取引を行います。

「成行」は現在の値段で即買うという方法です。

例えば現在の値段が1000円の時。
990円の指値を設定して(値下がりと順番を)待ちます。
その後値段が下がり、990円に下がったら買えるという予約販売のようなものです。
逆に1050円、1100円と値上がりしていき買えない可能性もあります。
指値を設定した後は離席しても勝手に買えるので楽です。

成行で買う場合はすぐに買えます。
ですが買おうとする一瞬のタイミングで1000円から1050円など値上がりする可能性があります。
また、安く買いたい場合はじっと画面を見て待つ必要があります。

成行はすぐに買える、けど高くなる可能性がある。
指値は買うのに時間がかかったり買えない可能性がある、けど自分が指定した値段で買える。

早く買いたいなら成行で買ってしまいます。
僕も成行で買いました。

 

「成行」を選び「買」を選び「取引数量」を入力して確認画面へ。

「確定」をクリックすると。

購入完了!
これだけ、簡単です!
これで仮想通貨の保有者になりました。

仮想通貨を売る時は

なお売却する時は先ほどの「売買区分」で「売」を選びます。
指値の場合は売りたいレートを入力。
今の値段で早く売るなら成行でいいですね。

 

GMOコインで仮想通貨を買ったまとめ

以上、これで仮想通貨が買えました。
簡単ですね。
GMOコインは家にいながらアカウントが作れますし、オンライン入金ですぐに取引も始められます。
操作画面もスッキリしていて初心者にもわかりやすいですね。

買うまでの手順をまとめると

  1. 口座開設 メールアドレス入力/個人情報設定/スマホで書類と自分の写真撮影
  2. 現金を入金 即時入金が楽/それ以外だと口座番号を指定して入金
  3. 仮想通貨を買う 仮想通貨を選び指値・成行で買う

というものです。

 

GMOコインのメリットをまとめると

  • GMOの安心セキュリティ
  • 手数料がいろいろと無料
  • 最短10分で取引開始ができる
  • 取り扱っている仮想通貨が豊富
  • 少量のETHでも手数料なしで送れる

というポイントがあります。
僕は証券口座でGMO証券を使っていたのですが、仮想通貨のGMOコインも使いやすくていいな~と思いました。

仮想通貨を買ってみたいという方は参考にしてください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる