ホットアイマスクは疲れ目を癒やすマストアイテム、翌日は別世界になった

目が疲れるな~と思うことがよくある。
PCやスマホを長時間使っていたり、ゲームをしたり、電子書籍を読んだりと目を酷使しているためだ。
夜になるとまぶたが重くなり、目もかすみがちになる。

また、眼精疲労がもらたす悪影響はそれだけではない。
頭痛や肩こりになったり、寝てもよく休めない睡眠障害を引き起こすこともある。
そんな疲れ目を癒やすためには「ホットアイマスク」が有効だ。

僕はこれまでいくつかのホットアイマスクを使ってきた。
ホットアイマスクってどれが良いんだ?と悩む方もいるはずだ、僕もそうだった。
なので今回はホットアイマスクの比較を紹介する。
優れているのは使い捨てタイプか、繰り返し使えるタイプか。
結論から言うと、僕は繰り返しタイプの「あずきのチカラ」を使い続けることにした。

使い捨てタイプのホットアイマスク

ホットアイマスクには使い捨てタイプと繰り返し使えるタイプがある。
使い捨てタイプには「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」がある。

 

 

めぐりズム蒸気でホットアイマスクのメリット

めぐりズム蒸気でホットアイマスク」の利点は、使いたい時にすぐに使えることだ。
オフィスや外出先、電車などで移動中にも使える。
開封後は約40℃の蒸気で約20分の間、快適に目を温めてくれる。
繰り返しタイプは電子レンジで温めるため、外で使いたい時に使うというのは難しい。

無香料以外にも香料付きのタイプがあり

  • ラベンダー
  • 完熟ゆず
  • ローズ
  • カモミール
  • 森林浴

など香りでも癒やしの効果を与えてくれる。

めぐりズム蒸気でホットアイマスクのデメリット

デメリットと言えば価格だ。
12枚入りで915円と1枚で76円する。
1度(約20分)目を温めるのに76円だ、何度も使える繰り返しタイプと比べると割高に感じる。

しかし電子レンジが無い場所では、繰り返しタイプは使うことができない。
手軽さの価格だと思えば納得の価格だと考えられる。

繰り返しタイプのホットアイマスク

繰り返し使えるタイプのホットアイマスクには「あずきのチカラ」や「六晶石あいパット」がある。
電子レンジで温めて顔に乗せるという、簡単な使い方だ。
以前はあずきのチカラを寝る前に使っていたが、最近「六晶石あいパット」を購入し使ってみた。
どちらが良いか、という比較に関しては後ほど記載するが、結論から言うと「あずきのチカラ」が優れている。

 

 

繰り返しタイプのメリット

繰り返しタイプのメリットはその名の通り、何度も使えることだ。
あずきのチカラに関しては250回使える。
それ以上も使えるが性能が落ちると注意書きがある。

そしてなんと言っても安い。
価格は約700円ほど。
250回使えて700円なので、1回あたり2.8円と高コスパである。

繰り返しタイプのデメリット

先程も紹介したが、繰り返しタイプは電子レンジを使い温めるので、外出先では使うことが出来ない。
また、布が汚れた時には洗いにくい。
250回も使えるが衛生面を考えると気になる方もいるだろう。

「あずきのチカラ」と「六晶石あいパット」どちらが良い?

あずきのチカラ」と「六晶石あいパット」を比較してみる。

中身の違い

あずきのチカラは中にあずきが入っているホットアイマスク。
「英雅堂の六晶石ホットアイマスク・六晶石あいパット」は六晶石という石を使ったホットアイマスクだ。
六晶石には

  • 抗菌効果
  • 防臭効果
  • 遠赤外線の発生
  • 微弱電流の発生

といった効果があると記載されている。

つけ心地

あずきのチカラは顔の上に乗せるが、顔を横に向けるとずり落ちることがある。
六晶石あいパットには紐がついているので、しっかりとホールドすることができる。
紐の長さもマジックテープで変えられるが、使ってみるとキツくて違和感がある。
これに関してはあずきのチカラの方が楽だ。

また、六晶石の方は眼球の上に来て温める。
対するあずきのチカラは眼球は避け、目の周りを温める形になっている。
僕はあずきのチカラを長く使っていたので、眼球を温めることに違和感を感じた。
重みも感じるし、熱い石を目に当てて大丈夫なのか?と疑問を持ってしまうのだ。

香り

あずきのチカラは、ほどよいあずきの香りがある。
対する六晶石は石の匂い、特に良いわけではない。

価格

あずきのチカラは約700円。
六晶石は3000円する。

使用回数

あずきのチカラは250回以上は本来の力が発揮できないと記載されている。
平日に毎日使うと1年使える回数だ。
六晶石の使用回数の限度は記載されていない。
六晶石を4年以上使うなら価格としては良い、だが限度が記載されていないので効果の持続は不明。

総評

トータルで考えて、僕はあずきのチカラが優れていると考える。
つけ心地も匂いも良いし、あずきのチカラ(700円)を毎年買い換えるのが良いだろう。

 

PCやスマホを長時間使っていると目が疲れることがありますよね。眼精疲労が原因で頭痛や肩こりになったり、寝てもよく休めないという悪影響もあります。そんな疲れ目を癒やすために使うアイテムとして「ホットアイマスク」があります。そして今回は英雅堂の「六晶石ホットアイマスク」というものを購入しました。こちらを使ってみた感想を紹介します。ホットアイマスクで目を癒したい、という方は参考にしてください。英雅堂の六晶石ホットアイマスク英雅堂の六晶石ホットアイマスクは六晶石という石を使ったホットアイマスクです。六...

 

まとめ・疲れ目にホットアイマスクは最高

ホットアイマスクに効果はあるのか?と疑問に思う方がいるかもしれない。
使用している者の意見としては、ある!
日々PCやスマホを使う人は使うと良いアイテムだ。
以前は長時間デスクワークをした後、なかなか眠れないな~と思うことがあった。
しかし、ホットアイマスクはその目を温め、快眠をもたらしてくれる。

細かい文字を見るデスクワークの連続、目がかすみ、まぶたが重い状態だ。
目を開いているのも辛い。
そんな時にホットアイマスクを目に当ててみる。
暖かさが顔を、目を包み込む。
ほんのりとしたあずきの匂い、ラベンダーの匂い、森林の匂いが鼻を抜け、体の疲れを消し去ってくれる。
気がつけば眠りにつき、翌日の朝。
疲れが取れ、朝日を浴び、今日も良い一日になる。
そんな想いを抱かせてくれるのだ。

ホットアイマスクを使いこの体験をぜひ、して欲しい。
僕はあずきのチカラを気に入っているが、使い捨てタイプとあずきのチカラを使ってみて、合う方を使うのが良い。
または普段はあずきのチカラを使い、たまには使い捨てタイプで気分転換、というのも良い。
現代の疲れている人、目を酷使する人にこそ、より幸せを感じられるホットアイマスク。
あなたはどのタイプが、どの香りが気にいるだろうか。

 

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)