現代人はちょっとじゃな時も「ちょっと」を多様するのはなぜ?【感染性ジャブワード】

「ちょっと聞いて欲しい。
ちょっと前から気になってたんだけど、現代人は【ちょっと】という言葉を、ちょっと使いすぎなんじゃないかなぁ?とちょっと思っているんですよね」

上の文では大げさにちょっとを強調しましたが、僕は以前からそんな疑問を持っています。
それによく聞くと、ちょっとじゃない時にも使っているんです。

  • ちょっとだいぶ~~ですね
  • ちょっとかなり~~ですね
  • ちょっとけっこう~~ですね

などを聞くことがあり、毎回僕は考えてしまっていたんです。

「ちょっとって少しって意味だろ?ちょっとかなりって…どっちだよ!?」と。

本人は何気なく言っているんだろうし、聞いている多くの人は気にしないだろうけど僕は気になってしまうんです。
だからこそあえて僕は言います。
なんで皆ちょっとを多様するんだろう?と。

こんな疑問を持っている人が僕以外にいるのかはわかりませんが、今回はちょっとに関して僕の考えを述べさせていただきます。

目次

【ちょっと】ってどんな意味?

冒頭ではちょっと批判のように感じた方もいるかもしれませんが、批判ではありませんし、僕自身も【ちょっと】という言葉は使います。
本当にちょっとの時だけですけどね。

ちょっとという言葉の意味は【少し】や【わずか】ってことだよなぁと思ってはいたのですが、ある時に気になったので調べてみました。
すると…

一寸(ちょっと)

1 物事の数量・程度や時間がわずかであるさま。すこし。「―昼寝をする」「―の金を惜しむ」「今度の試験はいつもより―むずかしかった」
2 その行動が軽い気持ちで行われるさま。「―そこまで行ってくる」
3 かなりのものであるさま。けっこう。「―名の知れた作家」
4 (多くあとに打消しの語を伴って用いる)簡単に判断することが不可能なさま、または、困難であるさま。「私には―お答えできません」「詳しいことは―わかりかねます」
→少(すこ)し[用法]

引用
goo辞書
出典:デジタル大辞泉(小学館)

とあり【かなりのものであるさま】でも使うようでした。

つまり【ちょっと】は【ちょっとでは無い時】でも使えるワードなのです。
だから僕が違和感を感じていた「ちょっとかなり~ですね」という言葉も、逆の意味になるわけではありません。
「かなりかなり~ですね」という意味にはなりますが。

だけどやっぱり違和感を感じてしまいます。
「ちょっとかなり~ですね」のちょっとはどんな意味だ?と。
「ちょっと~じゃない?」と言われたら【少し】か【かなりか】どっちの意味だ?と一瞬考えてしまうのです。
会話の流れで察しろと思う方がいるかもしれませんが、僕は気になってしまうのです。
言葉警察でも言葉狩人でもないし、相手に指摘するわけでもありませんが気になります。

 

ゲームの大会実況を見ていても「ちょっと良くないですね?」という実況を聞くことがあります。
「状況はちょっとどころじゃなくない?」と思いつつ。
『いやこれは実況者は意味を知っていて、かなりよくないの意味でちょっとをつかっているのか?でも最初からかなり良くないと言えばいいんじゃないか?』
と集中できないのです。

「こいつ病気か?」「気にすんなよ」「面倒なやつだな」
と思う方がいるでしょうが、ただ気になるんです。
スルーするようにはするけど僕は気になり続けています。

ちょっとまとめ

「ちょっと」という言葉には

【物事の数量・程度や時間がわずかであるさま。すこし】
だけでなく
【かなりのものであるさま。けっこう】
という意味もある。

ちょっとは【感染性ジャブワード】

そもそも、何でちょっとという言葉が多様されるのでしょうか?
僕は【感染性ジャブワード】なのでは?と考えています。
これは僕が考えた言葉です。

ジャブワードというのは【ボクシングのジャブのように距離を図ったり軽く当てる、会話の最初や途中に差し込む言葉】です。

以前は

  • えっと~~
  • なんか~~~

というジャブワードをよく耳にしました。
やたらと【なんか】という言葉を使う人がいたんです。
いきなり発言する前に【なんか】という前置きをしてから話そうとしたり。
断定はできないからセフティーとして曖昧に濁すために【なんか】という言葉を挟んだりしたのでしょう。

そんなジャブワードとして【ちょっと】も使われているのだと考えます。

そして誰かが使い、少しずつ使用者が増えて、それを聞いた人の脳も侵食し少しずつ使用者を増やしていった感染力のあるジャブワード。
日の当たる流行語というわけではなく、影から気が付かないうちに忍び寄るタイプの感染性ジャブワード。
それがちょっとが多用されることになった要因ではないでしょうか。

ちょっとの考察まとめ

これを読んだ人は【ちょっと】という言葉が気になってしまうかもしれません。
よく会話を聞いてみてください。
【ちょっと】という言葉はかなり使われています。

しかしちょっとには、少量という意味もかなりという意味もあります。
間違いではありませんが気になります。
【かなり】という意味で【ちょっと】を使うなら最初から【かなり】で良くないか?と。

今後も時代の流れや人々の会話により、新たな感染性ジャブワードが現れるかもしれません。
言葉には注目していきたいですね。
という、ちょっとよくわからない締め方で終わります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

志真(しま) 漫画家系ブロガー、漫画は
一迅社「女騎士さまは屈しない!」
ジャンプ+「好敵手紀行」など

コメント

コメントする(名前等無くてもok♪)

目次
閉じる