pixiv Sketchで作画ライブ配信をしたらメッチャ快適だったのでオススメ!

イラスト投稿サイトpixivで始まった新サービス。
pixiv Sketchで作画のライブ配信をやってみました。

これまでニコニコ生放送YouTubeライブで配信をしていましたが、pixivの新機能を試してみたくて実際にやってみることに。

 

結論から言うと

すっげー簡単に始められて高性能なライブだった。

いいぞこれ!

 

pixiv Sketchの特徴・良いところ

pixiv Sketchで実際に配信をして、良かったところを紹介するね。

 

始めるのが簡単

すごく簡単に始められる。

pixiv Sketch

にアクセスして「ライブ配信をする」からすぐに始められる。
pixivのトップから「ライブをはじめる」でもOK。

特別なツールもいりません。
ニコニコ生放送だとライブエンコーダー
YouTubeライブだとOBSなどのツールを使って配信してたけど、pixiv Sketchは不要。

 

  • Google Chrome
  • Firefox

が対応しているブラウザで、Chromeの場合は最初にChrome ウェブストアで拡張機能を導入する必要あり。
ちなみに僕が使ってるブラウザ「Vivaldi」もChromeと同じ扱いで配信できています。

 

ラグがない

自分の画面と配信画面にラグがありません。
レスポンスが速くて遅延無し、すごいリアルタイム。

ニコ生やYouTubeでは数秒のラグがあるんだけど、pixiv Sketchはマジでラグ無し。

スカイプの画面共有みたいな感じです。

 

アナログでもOK

画面共有とWebカメラでの配信が選択できます。(他にドロー機能も選択可能)

Webカメラを選ぶことで、アナログ作業を写すのもOK。
カメラは自分で用意する必要あるけど。

 

複数人でできる

複数人で同時に配信もできます。

友達とも、他人ともできる。
(配信開始前の設定でみんなといっしょに描くにチェックを入れている場合)

 

pixivのトップにフォローしてる人がライブしてたら表示される

pixivのトップに、フォローしてる人がライブしてたら表示されます。
あっあの人が配信してる、見てみよっていう見られるきっかけになるよね。

 

チャット欄

チャット(コメント)欄にユーザー名とアイコンが表示されます。
ニコニコの場合は匿名だけど、ここでは誰かわかるのでコミュニケーションがとりやすいね。
匿名は匿名でいい場合もあるけど。

 

あと右下のハートボタンを押してもらえると嬉しい。
海外の方が見てくれる場合があるので、言語が通じなくても押してもらえるとすごい嬉しい。

 

R18指定もできる

R指定な絵を描いてたらBANされる配信サイトもあるけど、指定しておけばできる。

ただ何でもOKってわけじゃないので、pixiv ライブ機能ガイドラインは守りましょう。

 

pixiv Sketchのデメリット

 

枠がいっぱいの時がある

土曜日の夜にやろうと思ったけど、配信枠がいっぱいでできなかった。
それだけ人気ってことだけどね。

 

過去のライブは見れない

タイムシフト機能で過去のライブが見れたりはしない。
動画サイトじゃないし、しゃあないね。

 

絵描き配信以外だめ

ゲーム配信とかやっちゃダメ。
ニコ生でやってた時は息抜きにゲーム配信してたけど、ダメっぽいのでやらないよ。

 

pixiv Sketchでライブのやり方

その1

pixiv Sketchにアクセスします。
「ライブ配信する」を押して始められます。
pixivのIDが必要なので、会員登録してね。

 

その2

タイトル等の設定をします。

 

その3

配信方法を選択します。

デジタルで画面写したい人は画面共有。
アナログの人はカメラで配信だね。

画面共有の時、初めての場合はChrome ウェブストアで拡張機能の導入を促されるので従います。

 

また、マルチモニタの人はどの画面を写すか選んでね。

 

コレだけ!簡単!

 

やめる時も右上の配信終了を選ぶだけ。

 

 

まとめ

pixiv Sketchのライブはすげー簡単に始められるし快適なのでオススメ!

自分の絵や漫画を宣伝して、見てもらえるきっかけになったり。
コミュニケーションをとる場所として良いよね。

pixiv Sketchでライブでした。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください