ペンタブレットのペンが握りにくいならプニュグリップを装着しよう!持ちやすくて描きやすい!

僕は漫画を描くのにCintiqという液晶タブレットを使っており、ペンは標準ペンではなくクラシックペンを使っています。

 

Wacom「クラシックペン」レビュー!軽くて快適で描きやすい!
現在自分はWACOMのペンタブレットのペンに「クラシックペン」を使っています。 これがすごく描きやすくて快適!三ヶ月ほど使ったのでレビューします。Wacom Intuos Cintiqオプションペン クラシックペン KP-300E-01Xposted with カエレバワコム 2012-09-23Amazonでチ...

以前にクラシックペンのレビュー記事を書きましたが、今回は新しいことに挑戦してみました。

それは標準ペンのグリップを市販のグリップに変えるということです。

 

こんな感じ!

 

結論から言うと

めっちゃ握りやすくてすごい快適!

そんなグリップを紹介します。

 

やる時は自己責任でお願いします。

 

グリップ「プニュグリップ」

今回購入したのはこちらの「プニュグリップ」というグリップです。
ちなみに右手用と左手用に分かれて売っています。

グリップの変え方

通常ペンはグリップをこういったラバーグリップに変えることもできます。

こちらを試したこともありますが、残念だけど僕には太くて合わなかった。
今回はプニュグリップに変えてみます。

 

 

グリップの変え方は簡単。
先端を外してサイドボタンを外します。
サイドボタンは隙間に爪を入れて優しくテコの原理で外します。

 

 

その後はついているグリップを外し、裸の状態にプニュグリップを入れていきます。

ちょっとキツイですが少しずつ少しずつ進めて行きましょう。
パワーある人が思いっきり力を入れたらペンがいきそう…

そして2つのグリップを装着しました。

 

 

 

プニュグリップペンの良いところ

握りやすい

凹んでいて指を置ける場所があります。
まぁそういうグリップなんだけど!

 

サイドボタンが無い

いやサイドボタン必要でしょ、って人もいると思う。

僕はサイドボタンは描いててちょっと邪魔だなぁという時がある。
なので無い状態が良いのです。

ただし…サイドボタンで簡単にできた右クリックがすぐにできないんですよね…

 

ペンのサイドボタンを使わずに右クリックする方法

サイドボタン無くて右クリックどうすんねん!
て思う人いるでしょうし、僕も最初どうしよってなった。
そんな右クリックをする方法です。

 

その1 ペンタブレットのボタンに割り当てる

WACOMのタブレットプロパティからタブレットのボタン(ファンクションキー)に右クリックメニューを割り当てます。
コレを押せば右クリックメニューが開く!
今まで使わないと思ってた液タブのボタンが役立った!

 

その2 ペンの逆側でクリック

ペンのテールスイッチ(ペンの後ろ側、いわゆる消しゴムの場所)でクリック。
すると右クリックメニューが開くように設定しました。

 

その3 マウスを使う

面倒だけどマウスの右クリックを使います。

 

その4 別のペンを使う

右クリックのときだけ別のペンに持ち替えます。

 

というのでできる、ただ3と4は面倒だぞ!

まとめ

そんなこんなで市販のグリップを使ってカスタマイズしてみました。
やっぱりクラシックペンの方が重さは軽いのですが、サイドボタンが無くて握りやすいというのがこのカスタマイズの良いところ。

気になる人はプニュグリップペンを試してみてくださいな。

スポンサーリンク

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください