レジェンド到達したシャダウォックシャーマンのデッキ紹介!【ハースストーン】

ハースストーンランク戦にてレジェンドランクへ到達した「シャダウォックシャーマン」の紹介です。

このデッキ特に弱点は無いオールラウンドデッキ。
アグロデッキにもわりと戦えるし、長期戦になったら無敵!
使い方も割と簡単なので使ってみてはどうでしょうか。

 

カード紹介と基本プラン

いわゆるシャダウォックシャーマンと言われているデッキタイプです。

  • サロナイト鉱山の奴隷
  • 世界揺さぶるグランブル

を出した後にシャダウォックを出すと、サロナイト鉱山の奴隷の雄叫び効果でシャダウォックが増え、グランブルの雄叫び効果でシャダウォックがコスト1で手札に加わります。

そして無限にシャダウォックが使えるというコンボデッキ。
ライフドリンカーを出していたら、シャダウォックを出すごとに3ドレインできるので吸い尽くして勝ちます。

よくあるのが、シャダウォックを出した時にグランブルの雄叫びが最初に発動して手札に戻らないというケース。
そのためゴルゴン・ゾーラも使ったり、ざわめきのエレメンタル+グランブルでざわめきを1コストにし、ざわめき+シャダウォックを使うことでシャダウォックが手札に戻るようにします。

 

基本プラン

序盤は苦痛の侍祭やマナの潮のトーテム、遠見でドローしまくりパーツを集めてコンボを目指します。
やることはそれだけ。

苦痛の侍祭を活かすために熱狂する火霊術師を採用。
偶数パラディンやトークンドルイドといった横に並べてくるデッキ相手の時、ミニオンを一層できるので火霊術師は超偉い!
バチッ!も採用しているので5ターン目に侍祭+火霊術師+バチッ!でドローが可能です。

ドローして除去してコンボを決めて勝ちましょう。

 

ハガサは3ダメージオール&5回復として使います。
アグロに対して除去が足りないことがあるので採用。
しかしシャダコンボの時に手札があふれるケースがあるので、積極的に使いはしません。

さらにシャダウォックが3ダメージで自壊してしまうことがあるので、極力ざわめき+シャダを目指します。

 

マリガン戦略

ドローカードをキープ、以上。

挑発ドルイド対策で呪術をキープすることはあります。

相手がシャーマンの時はミラーを警戒、大地の衝撃を1枚キープします。
先に揃えたら勝ちの運ゲーなので、相手のドローを止めてこちらが一方的にドローを目指します。

 

まとめ

最初はビッグスペルメイジ好きなのですが、9割シャダウォックに負けてしまうので自分でシャダウォックを使うことにしました。
シャーマンのパーツはほぼなくてレジェンド三枚作りましたが、その価値はある勝ちっぷりでレジェンド到達。

シャダウォックシャーマンにはいくつかタイプがあって、ケレセス公爵やサイドバインダー、ヒーメットを採用しているタイプもあります。
けれど自分はアグロに対して有効な火霊術師やバチッ!ミラーに有効な大地の衝撃を採用したタイプです。

うっとーしーくらいに強いので勝ちて~って人にはおすすめですよ。

Amazonコインでお得にプレイ!

スポンサーリンク

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.