のど黒炙り丼が1600円!新宿「いかの墨」のランチが圧倒的破格すぎた

のど黒という魚。
美味しいとか高級魚という話は聞いたことがありましたが実際に食べたことは無かったんです。
一度食べてみたいなぁと思っていた時、新宿にあるお店「いかの墨」のランチでのど黒が食べられるという情報を見て、食べに行ってきました。

「いかの墨」のど黒炙り丼ランチ

新宿駅南口から2分ほど歩くと「いかの墨」に到着しました。
営業時間は ランチ11:30~14:00/ディナー17:00~24:00
この日はランチでいただきます。

入店したのは13:30過ぎ。
店内は高級そうな雰囲気でしたが、客層は幅広く、若い人も女性グループも男性もいらっしゃいました。

そしてやっぱり食べるのは

のど黒です!

のど黒の塩焼き探知もありましたが、今回は「新潟名物・のど黒炙り丼ランチ」をいただきます。

他にものど黒一本焼きもあります。

この日は1人でカウンター席に通していただきました。
カウンター席では目の前で魚を捌いている様子が見学できます。
注文して料理が出る前に、職人さんの鮮やかな捌きのライブを拝見しました。

 

 

15分ほどして出てきたのがこちら

「新潟名物・のど黒炙り丼ランチ」1628円(税込)

のど黒炙り丼・番屋汁・小鉢(たけのこ煮)・漬物のセットです。

こののど黒炙り丼、キラキラ光っています。

早速食べてみると…

何だこれは…油が…すげぇ!!!
油がたっっっぷり詰まってる。
そしてとろける身、めちゃくちゃ美味しいぞこれ!
炙った風味も合う合う!

あとご飯が美味しい、もちっとして甘いお米。
なんだコレ…なんだコレは!
スゲェ!!

のど黒を食べたのは初めてだけどこんな美味しい魚だったのか。
しかもこれが1600円という破格の値段。
素晴らしいランチでした。

 

番屋汁を飲んでごちそうさまでした。

 

醤油皿にのど黒の油が残っていました。
ラーメンじゃないですよ。

 

1人で美味っ…すげぇ…とつい呟いてしまいました。
あと両サイドのグループの人たちも絶賛していました「これは本物だ…本物だ…!」と

のど黒は高級魚というイメージでしたが、いかの墨ではお手頃価格でランチがいただけます。

ランチ以外にも夜は宴会コース等もやっています。
新潟の和牛やカニ、海老、越後の地酒などが豊富にあります。
正直全部食べてみたい。

そんな新宿・いかの墨でした。

 

いかの墨・新宿南口店

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)