絵・漫画で描くのが面倒な「手」が簡単に描ける!6つの方法

イラストや漫画で手を描くのってすごく難しいですよね。
そんな「手」ですが簡単に描く方法があるんです。

今回は手を簡単に描くために僕がやってる方法を紹介します。

これで手を描くのにも手がかからないはずですよ。

手ビューアを見る

人のポーズが見れるサイト「ポーズマニアックス」を見ます。
様々なシチュエーションと豊富なアクション、多角アングルで絵の参考にめっちゃなります。

さらに絵の練習になる「30秒ドローイング」もあり。
これは僕も毎日、絵を描く前にやっています。

そんなポーマニには「手ビューワ」っていう、手のポーズ参考になるものもあるんです。

手ビューワは「グー」「ちょき」「パー」「グッド」など、手のポーズがたくさん見れます。

マウスでぐりぐり動かせば見える角度も変わる。
どんなアングルでもOK!

 

ただ、手ビューワを開くと急に男性の裸体が出てきてビビります!

 

鏡で自分の手を見る

自分の手を見ながら手を描きます。

顔と一緒に手が移るアングル(頭を抱える・メガネをくいっと上げる・顔を叩く)などを描く場合にすっごく便利です。

僕の作業環境では、自分の右に大きな鏡を置いています。
それを見ながら描いています。

 

手の写真を撮って使う

カメラで写真を撮り、その画像を素材として使います。

スマホで写真を撮ったら画像をOneDrive等のクラウドストレージでPCと共有。
ソフトに読み込んでトレースして描きます。

ちょっと手間がかかるけど、実際の写真を元にトレスするから作画が正確です。

キャラの指は細長くしたい、けど自分の指は太い…とかはありますがそこは調整します。

手のデッサン人形

手のデッサン人形」を見て参考にします。

使わなくなっても、謎のオブジェとしてインテリアにどうぞ。

 

 

フィギュアを見る

figmaやフィギュアの手を見て描きます。

figmaは買うとオプションで手のパーツがいくつか付いてきます。
ちっちゃいけど、参考になります。

 

あと「リボルテック骸骨剣士」は骨格の参考になります。

 

フリー素材写真をトレス

ネット上にあるフリー素材写真を探してトレースします。
ただし探すの面倒です。

僕の場合これまでに描いた手は素材として保存しています。

こんな感じで次に似たシーンを描く時、手の素材を配置して透明度を下げてトレスして描いています。
かなり楽です。

 

折角なので僕が描いた絵の一部をフリー素材として配ります。

僕は漫画で描いたものを素材化して、次に似た場面を描く時にアタリとして使っています。 そんな僕が描いた手の絵をフリー素材として公開します。 漫画やイラストで自由に使ってください。画像の再配布や販売はご遠慮ください。 あくまでアタリとして使う用なので、画...

 

まとめ

手を描くのは難しい!
そんな方はこういった方法を試してください。
きっと楽に描けるはずですよ。

絵・漫画で描くのが面倒な「手」が簡単に描ける!6つの方法でした。

 

がっつり絵や漫画を学びたいという人はスクールに通うのもありです。
体験説明会などもあるので、気になる方はまず資料の請求をしてみてください。

夢を夢で終わらせない!アミューズメントメディア総合学院

 

 

この記事をシェアしてみる↓

コメントする(名前等無くてもok♪)